【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » シャワー使用後もポタリポタリ水漏れ..水漏れの原因と対処方法を解説

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワー使用後もポタリポタリ水漏れ..水漏れの原因と対処方法を解説

2022年11月30日 水回り


シャワー使用後もポタリポタリ水が漏れる…水漏れの原因と対処方法を解説
浴室でシャワーを使用したあとも、ポタリポタリ水漏れする…そういう事態に直面したことがある方もいるかもしれません。水漏れする原因にはさまざまなケースがあります。そこでこの記事では、シャワーから水漏れする際の原因と対処方法を解説していきます。

シャワーから水漏れする原因


お風呂のシャワーからポタリポタリと水が漏れする原因は、以下の2つに大別できます。

・シャワーのヘッド部分の傷み
・水栓のジョイント部のゆるみや内部パーツの老朽化

不具合でないケースもある
はじめに水栓を閉め、シャワーヘッド部分を上に向けてみましょう。その状態で水が停止すれば、シャワーヘッド内に残った水が原因となり、壊れていないので修理も必要ありません。

シャワーを使ったあとにヘッド部分を下に向けて、水抜きすれば水が垂れることはないでしょう。

本体に要因があるとき
シャワーヘッド自体とホース部分のジョイント部からの水漏れ原因は、以下の通りです。

・シャワーヘッド根元周辺のパッキンの老朽化
・シャワーヘッド内部のパーツの傷み

水栓に原因があるケース
水栓を確実に閉める、シャワーヘッドを上に向ける、といった手法を実践しても水が止まらないときは、以下のような原因が考えられます。

・ナットやボルトのゆるみ
・パッキンの老朽化
・シャワーとカランへの吐水を切り替えるバルブ箇所の問題

水栓やシャワーの使用期間が10年を超えるケースでは、パッキンや内部に使われているパーツの老朽化によって、水の問題を起こしやすい状況となっています。

本体に要因があるときの対処法


シャワーヘッド部分とホース箇所を結ぶ仕組みは複雑ではありません。シャワーヘッド本体を解体して修理作業するのは困難なときでも、パッキンやシャワーヘッド本体を取り替えるのであれば自力での対処も可能です。

パッキンの取り換え
シャワーヘッドはホース箇所との境の部分を回すとスムーズに解体できます。解体したら、ホース箇所とのジョイント部分に使われているパッキンの状態をチェックしましょう。パッキンが硬直していたり、亀裂が入っていたり、といった症状は取り換えの目安です。

パッキンを購入する場合、ホームセンターに行くか、オンラインストアで購入しましょう。元から使われていたパッキンのサイズと同じ製品を購入して取り換えれば改善するはずです。

シャワーヘッド自体の取り替え
シャワーには持ち手のボタンで水流を調整したり、止水したりできるシステムがつくものがあり、使いはじめて数年経過するとボタン箇所から水漏れしてしまう場合があります。

こういうときは、パーツを取り替えるのではなく、シャワーヘッドをまるごと取り替えてしまった方がスムーズに改善できます。

取り替え用シャワーヘッドとホース部分のサイズが合わないとき、製品メーカー互換専用のアダプターを準備しなければなりません。

自分でパーツや新品シャワーヘッドを準備するのであれば、パッキンのサイズやパーツの品番に気をつけましょう。

新品のシャワーヘッドに取り替えたのに水の不具合が続き、かえって状況が悪化した場合は、新しく購入した商品が誤っていないか再チェックが必要です。

水栓に原因があるケースの対処法
シャワーの水漏れ原因が水栓にあるケースでは、自力でも対処可能なところもありますが、パーツの取り替えや水栓の取り替えには経験と技術が必要になります。

ジョイント部分のパーツがゆるんでいるときは、モンキーレンチのような道具を使って締め直すと改善されます。

ゆるんだパーツを締め直すだけなら経験や技術がいらないので、修理を専門業者に依頼する前に事前確認しておきたい点です。

パッキンの老朽化やバルブ箇所の故障のケースでは、新しい部品への取り替えが必要となります。使っている水栓のタイプによって内部の仕組みが異なるので、自力で解体やパーツの取り外しをするときは設計図をみながらすることをおすすめします。

作業を開始前に、止水栓を閉めカランを開いても水が出てこないのをチェックしてから実施します。

お風呂で使用する水栓は、水とお湯の切り替えに加えてシャワーへの切り替え機能があるので、水かお湯だけを出す単水栓タイプと比較して、複雑な仕組みとなっています。

水栓の内部に使われているパーツも多いので、慣れない解体や取り替え作業を強引にすると、余計な水の問題を招いてしまう恐れもあります。そのため、専門業者へ修理を頼んだほうが安心といえるでしょう。

くわえて、水栓の品番がわからなかったり、すでに製造が終っていたりして取り替え用パーツの入手がむずかしいときは、水栓本体の取り替えが最適なこともあります。

お風呂で使われる水栓の3種類
お風呂で使用される水栓は、主に3種類あります。
各水栓は機能が違うので、水栓を取り替えるときは現在使っている水栓と比べて、使いやすい水栓を選ぶのがいいでしょう。以下、それぞれ説明します。

・ツーハンドル型混合水栓
お湯と水両方にハンドルが付く種類です。二つのハンドルを使い、手動での温度調節が必要になります。

・シングルレバー型混合水栓
ひとつのレバーハンドルだけで湯温・水量調節ができる種類です。レバーハンドルを上下に稼働させてお湯の量を、左右に稼働させて湯水の分量を調節します。

・サーモスタット型混合水栓
水栓のハンドルのところで湯温を設定可能で、水栓内部のサーモカートリッジを用いて設定温度に達するよう湯水分量を調整できるシステムを備えた種類です。

給湯器の温度設定や水圧が変化しても、吐水温度を維持できるのが特徴です。

ちなみに、水の不具合が原因で新しい水栓に取り替える場合、温度調節機能がつくサーモスタット型混合水栓に変更するのがおすすめです。手動で温度調整する必要がなく、使い勝手のいいお風呂設備が整います。

早めに解決なら業者手配を


水漏れ問題はそのままにせず、すぐに解消することが大事です。問題を見つけてすぐに自分で修理できればいいのですが、取り替えるパーツを新調したり、原因の把握や改善修理に時間をかけたりしてしまうこともあるでしょう。

専門業者に頼めば、水栓の水漏れ修理から水栓本体の取り替えまで全て対応可能です。水漏れ問題に対応する業者には、工務店や水道修理業者、製品メーカーがありますが、どちらに頼むのが最善でしょうか。以下、順に説明します。

工務店の場合
住まいを建ててもらった工務店など、心当たりがあれば、依頼してみるのもいいでしょう。ただ、修理内容によっては専門ではなく、改めて水道業者を介して見積もりを取る必要も出てくるので、手間とコストがかかる可能性が高いです。

製品メーカーの場合
水道設備全般を取り扱う製品メーカーに依頼するのも1つの手段です。専門性はありますが、水道修理業者と比べて修理費用が高くなりやすいといった側面があります。

また、新品の水栓へ取り替えるとき、どうしても同じ製品メーカーのものとなり、選択肢が狭まります。

水道業者の場合
通常の水道修理業者は、製品メーカーと比べてリーズナブルな費用で修理を受注している場合があります。水漏れ問題を専門にしているので、むずかしくない工事であれば数十分くらいの作業で速やかに修理してもらえるので、水道業者へ頼んでしまった方が円滑です。

また、水まわり修理専門の業者に頼むことで、現在使っている製品メーカーとは異なるメーカーの製品も含めて取り替えを依頼でき柔軟な対応が可能です。

その他メリットとして、修理や取り替え作業だけではなく、水漏れ問題を含む水まわりの全てのメンテナンスも並行して依頼できます。

水栓やシャワーの寿命は10年くらいまでとされています。気がかりな症状があるときは、そのタイミングでメンテナンスも踏まえて依頼するのがおすすめです。

まとめ


今回は、シャワー使用後もポタリポタリ水が漏れるときの水漏れ原因と対処法について解説してきました。

水漏れする原因にはいくつかのケースがありますが、本記事内に記載されている適切な処置をすれば改善されることがほとんどです。ぜひ参考にしてみてください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315