【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » トイレに水がたまらない原因は?修理方法は?

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに水がたまらない原因は?修理方法は?

2022年11月30日 水回り


トイレに水がたまらない原因は?修理方法は?
トイレタンクには常に水がたまっており、水を循環させることで汚物を流しています。しかし、その水がたまらなくなってしまったらどうなってしまうのでしょうか。

急にトイレタンクに水がたまらなくなると、流す際の水量が少なくて正常に汚物を流せない可能性があります。それでは、トイレとしての役割を果たせなくなってしまいますよね。

今回は、トイレの水がたまらなくなる原因や修理方法をご紹介します。

トイレの水がたまらない原因は?原因別の対処法


トイレタンクに水がたまるまでには、外から複雑な経路をたどってきています。屋外にある排水管から屋内へ水がわたり、屋内にある排水管からトイレタンクにつながる給水管へつながります。その後、タンク内にある各部品を経由して、ようやくトイレタンクに水がたまるのです。

そのため、専門業者でない限りトイレタンクのどこを調べればトラブルを解決できるのか分からないでしょう。ここからは、自分で原因を調べる際に確認すべき場所をご紹介します。

ボールタップが壊れている
トイレタンク内には、ボールタップとそこにつながる浮き球があります。ボールタップは給水弁を開け閉めする装置で、浮き球が上下することにより自動的に給水できる仕組みとなっています。

正常に機能していれば、浮き球が下がると水が出てくるのですが、浮き球を手で下げてみて水が出てこないようであればボールタップが壊れているかもしれません。

ボールタップが故障した際には、ボールタップと浮き球の両方を交換するのがおすすめです。インターネットで調べると、一般の方でも購入できます。交換するのに手順をいくつかふまないといけませんが、難しい作業ではないのでご自身で交換するのが最善でしょう。

フロートバルブが壊れている又は劣化
トイレのレバーに鎖でつながれているゴム製のものをフロートバルブといいます。フロートバルブはトイレタンクの水栓の役割をしており、タンクから便器へ水が流れる部分を開閉しています。

フロートバルブは、劣化するとゴムが縮んできます。すると、水栓としてしっかり水を止められず、タンクに水がたまらないという現象に発展してしまうのです。

フロートバルブの破損や劣化がみられたら、フロートバルブを交換するといいでしょう。一般の方でもオンラインで購入できます。ボールタップの交換に比べると比較的簡単な作業なので、交換時期がきたらご自身で試してみてください。

ダイヤフラムが機能していない
ボールタップの中には、ダイヤフラムという水圧を調整してくれる部品が入っています。このダイヤフラムが経年劣化によって機能していないと、タンクへ給水されなくなる場合があります。

ダイヤフラムを取り出して綺麗に洗うと水のとおりがよくなることがありますが、一時的なものなので、取り替えるのが最善といえるでしょう。ダイヤフラムもオンラインで購入できます。ひとつ1,000円ほどで購入できるので、サイズに合ったものを購入してみてください。

ストレーナーやフィルターの汚れ
トイレタンクから便器を繋ぐ給水管の境目には、ストレーナーやフィルターという不純物を取り除く専用の部品が付いています。この2つが汚れて詰まっていると、うまく給水できないことがあります。

ストレーナーとフィルターは自分で取り外して掃除することで、簡単に目詰まりを解消できます。マイナスドライバーを使ってストレーナーとフィルターを取り出し、歯ブラシで水洗いしましょう。基本的にはこの方法で解決できるので、定期的に清掃してみてください。

水道管の故障
トイレタンクに水がたまらない時、ほかの水回りでは通常どおり水が出ているか確認しましょう。もしトイレ以外でも水が出づらい状況であれば、水道管に異常がある場合があります。

水道管工事をしていて断水している時や、冬場に水道管が凍結している時は時間が解決してくれるでしょう。しかし、水道管が破損していてうまく水が流れない状況の場合は、配管の工事が必要になります。配管工事は業者に依頼するほかないので、複数の業者に見積もりを取りましょう。

水がたまらなくなる前にできる予防法


水がたまらなくなると、正常にトイレが機能しなくなるため大変不便です。このようなトラブルが発生しないためには、どのような予防策があるのでしょうか。

トイレタンクに水がたまらないのは、前述したようにトイレタンク内の部品が汚れていたり劣化していることが主な原因です。そのため、定期的にトイレタンク内を清掃することで予防できます。

固形や液体の洗浄剤をタンクにいれて洗浄する人が多くいますが、これは今ある汚れを落とすものではなく、汚れが付かないように予防するためのものです。現時点で付いている汚れを落とすことはできないため、2・3か月に1回はしっかりと清掃するようにしましょう。

具体的にどのように掃除をすればいいかというと、まずは掃除ブラシと中性洗剤、耐水のサンドペーパーを用意しましょう。サンドペーパーとは紙やすりのことで、耐水性のあるものを使うことによって水回りの頑固な汚れを落とせます。

トイレタンクを掃除する際には、止水栓を閉じて水をすべて抜いてから行うとやりやすいです。タンク内には細かい部品が多くあるので、部品それぞれ丁寧に洗い流しましょう。部品以外の陶器部分も掃除ブラシと中性洗剤を使って洗い、落としづらいところは耐水のサンドペーパーを使用してください。サンドペーパーを使えば大抵の汚れは落とせるでしょう。

汚れを落とせたら、綺麗に水で流して終了です。普段水がたまらない部分もしっかり洗うようにしてください。

修理代金はいくらが相場?


ここまで自分でトラブルを解消する方法をご紹介しましたが、中には自分でやるのが不安という方もいるでしょう。では、業者に修理を頼んだ場合修理代金はいくらくらいかかるのでしょうか。作業内容別の相場をご紹介します。

・ボールタップの交換8,000円~11,000円

・フロートバルブの交換8,000円~11,000円

・止水栓の交換8,000円~11,000円

・ロータンクサイフォンの交換10,000円~13,000円

・密結パッキンの交換10,000円~11,000円

・給水管パッキンの交換8,000円~11,000円

・給水管の交換10,000円~13,000円

・フラッシュバルブの交換8,000円~11,000円

・トイレタンク内の部品交換(タンクの取り外し無し)8,000円~12,000円

・トイレタンク内の部品交換(タンクの取り外し有り)12,000円~16,000円

・トイレタンクの交換15,000円~18,000円

トイレに水がたまらない原因もさまざまな種類があるように、修理方法もさまざまあります。上記内容から、安くても10,000円弱費用がかかることがわかりますね。

トラブルの原因が重度であれば、その分費用がかさむのは当然のことです。トイレタンクの取り外しや交換まで行わなくてはいけない状況だと、20,000円弱費用がかかります。そのような状態になる前に、日々掃除をしておくとよいでしょう。

まとめ


トイレタンクの水がたまらなくなる現象は、多くの人は水が流れづらくなってから気がつくことが多いです。なぜなら、トイレタンク内をこまめに開ける人が少ないからです。

トイレ掃除というと、便器の中や床などを掃除することだと思いがちですが、トイレタンク内も定期清掃の中にぜひ含めてください。定期的に掃除することで、格段にトイレの寿命が伸びます。細かい部品が多く大変ですが、長く安全に使用するために掃除を欠かさないようにしましょう。

いざトラブルが起こってしまっても、ほかのトラブルに比べてセルフで対処する方法が多くあります。できるだけ安くトラブルを解消したい方は、今回紹介した対処法を参考にしてみてください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315