【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » トイレのつまり、その症状や原因、対処法を知る

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレのつまり、その症状や原因、対処法を知る

2021年08月05日 トイレのつまり


トイレがつまったときに備える

トイレのつまりはささいな失敗ですぐに発生する可能性があり、そして適切な対処法を選ぶのが意外と難しい厄介なトラブルの一つです。原因や現在の状況により採るべき選択肢は異なりますが、その判断を適切に行うためには、どういった理由でつまりが発生するのかについて知る必要があります。

また、トイレはつまった後で対処を行うより、普段からつまりを発生させないことが重要です。つまりの前兆を見逃さないように、トイレがつまった際に何が起こるのかについても知って起きましょう。

トイレがつまると起こることは?

トイレがつまると何が起きるかを知ることで、事前の対処が可能になり、つまりが発生した際にも誤った対処を行う危険性を減らせます。つまりの進行度に沿って順番に見ていきましょう。

・トイレがつまりかけているとき
これは排水管内部が狭くなり、水の流れが阻害されている状態です。この段階では水を流した後に一度水位が上がり、少し後に一気に減るという現象が起こります。水を流した後に水位が下がらず、時間の経過によって少しずつ水が減っていくような場合はかなりつまりが進行している可能性があるのです。

また、つまりが発生している際にはゴボゴボと空気が漏れるような異音が配管から聞こえてくることがあります。この音はトイレ以外の排水口から聞こえてくることもあるので、キッチンや洗面台で異音がしたにも関わらず直接のつまりの原因はトイレだったというケースも見られます。便器内のトラップ部分がつまりかけている場合は、トラップにたまるはずの水がなくなり悪臭が発生するのです。こういった症状が見られた場合は、完全に水の流れが止まる前に早めに対処を行いましょう。

・トイレが完全につまったとき
トイレが完全につまると、水が全く流れなくなります。少量ずつ水が流れる場合でも、完全に排水されるまで何分もかかるような場合はつまりとみなして良いでしょう。この状態になるとトイレは実質的に使用不可能になります。汚水がたまることで悪臭が発生し、周囲の衛生環境も悪化します。完全につまってしまった場合はすぐに何らかの対処を行いましょう。

・つまりの対処を間違えたとき
つまりの対処を間違えると、被害が通常より拡大する可能性があります。排水が行われない状態で無理に水を流すと、汚水が便器から溢れ床の水濡れや汚物の飛散が発生するのです。この際、熱湯を流してしまうと便器自体が破損してしまうこともあります。つまり解消用の道具を使用した際も、質量の多い物体でつまりが発生した場合は、無理に圧力を加えると配管の破損を引き起こします。適切な対処法を判断できない場合は、専門業者に調査を依頼しましょう。

トイレがつまる原因は?

トイレがつまる大まかな原因は汚物と異物に分けられます。通常の排泄物を流した際も、尿石などの汚れは排水管や便器の内部に蓄積していきます。それらの汚物を栄養とする雑菌がバイオフィルムを形成した場合も。ぬめりとして水の流れを阻害してしまいます。

トイレットペーパーも少ない水量で流して一度に流す量が過剰だとつまりの原因となります。これは水に溶けるおしり拭きやトイレクリーナー、猫砂でも同様です。あくまで少量ずつ、様子を見ながら流すようにしましょう。

排泄物、トイレットペーパー、水、この3種類以外のすべての物は、トイレにとっては流してはいけない異物です。ライターや携帯電話、ハンカチのような小物はポケットから落ちやすく注意が必要です。消臭剤のキャップや食品の袋、歯ブラシなども便器に落ちると遠くまで入り込みつまり発生の原因となります。食べ残しや吐瀉物も、油による排水管のつまりを発生させます。動物の排泄物も人間のものに比べ水に溶けにくいので、トイレには流さず燃えるゴミとして処分を行いましょう。

トイレがつまったらどうすれば良い?

トイレがつまった際に家庭で可能な対処を順番に見ていきましょう。つまりの原因次第で適切な対処法が異なるので、原因の特定が難しい場合は専門業者に調査を依頼することも重要です。

・ぬるま湯を流す
トイレットペーパーの流し過ぎや動物の排泄物を流してしまった場合など、ある程度水に溶ける原因の場合30~50℃のお湯を流すことが有効な対策の一つです。少量ずつゆっくりと流すこと、水に溶けない種類の異物がつまっている場合は効果がないということには注意しておきましょう。

・ラバーカップ、真空式パイプクリーナーを使う
配管に圧力をかけて、つまりを解消する方法です。比較的質量の軽いものや、細かい汚れが堆積したつまりに対して効果を発揮します。スマホなど一定の質量を持つ異物には効果が薄い点、周囲に水が飛び散るため対策を準備する必要があるという点は覚えておきましょう。

・ワイヤーブラシを使う
ワイヤーブラシを便器から伸ばし、直接配管内を清掃する方法です。やや取り扱いが難しい道具なので、うまく使うには慣れが必要です。

・薬品を使う
パイプクリーナー系の薬品を使うことでつまりが解消できる場合があります。尿石や汚れを取るタイプのもの、油汚れを溶かすものなどいくつかの種類があるので、つまりの原因ごとに適切な製品を選びましょう。プラスチックや金属など固く大きな異物には基本的に効果がありません。まだつまりの兆候が見られない場合でも、普段から定期的に使用することで汚れの蓄積を防ぎ、つまりを防止することが可能です。

トイレのつまりでお困りならやまぐち水道職人に連絡を

トイレのつまりでお悩みの際はぜひやまぐち水道職人にご連絡ください。やまぐち水道職人は下関市、周南市、岩国市、防府市、光市、柳井市など山口県の全域でさまざまな水回りのトラブルを解決してきた実績を持つプロです。トイレのつまりや水漏れなど水回りのトラブルでお悩みの際はやまぐち水道職人にお電話ください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315