【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 便器が詰まってしまう原因!スマホや鍵を落としたときの対処法

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

便器が詰まってしまう原因!スマホや鍵を落としたときの対処法

2021年07月12日 トイレのつまり


便器の流れが悪くなる原因には、流せるもの以外の流せない異物によるものがあります。流せないものの場合、水を流してしまうと悪化します。溶解しないものを流してしまったときは、溶けずに水も通しませんので、トラブルが発生するのです。そのため、排水管の故障の原因になり、最悪の場合配管の修理・交換が必要になってしまうでしょう。ここではうっかり水に流れないものを落としてしまったときの、自宅でできる対処法や応急処置をご紹介します。

普段流せるものを詰まらせてしまったときとは何が違うのか?

便器の流れが悪くなるの原因の第一位は、水溶性の紙の使い過ぎが主なものです。このほかにも、便器クリーナーなど、たいていは問題なく使用しているものが流れを悪くする原因になります。しかし、この場合は水に溶かして流せるので、落ち着いて対処すればとくに問題ありません。水に溶ける水溶性のものが中心になりますので、基本的には詰まっているものを溶解して流すことが重要です。

・水に流せるものを詰まらせたときの対処法
まず、便器用液体洗剤などの薬品か、重曹とクエン酸を入れ、しばらく置きます。次にバケツなどにあらかじめ汲んでおいた水を勢いよく流しましょう。さらにスッポンを使うと、より詰まりが解消します。便器内部の排水口にスッポンをしっかり押し当て、数回押したり引いたりしてください。水がゴボゴボと流れていったら流れの悪さは解消されるでしょう。

水に流れない異物を流したときの注意点

水に流れない異物、便器に流せないものをうっかり落としてしまったときは、決して水を流さないでください。先述した通りトイレットペーパーなどの水溶性のものは溶かせますので、詰まっているものをそのまま流すことが可能です。しかし、水に流れない異物は溶けません。流してしまうと排水管の奥でとまり、最悪配管を傷つけてしまうでしょう。まずは落ち着いて止水栓をとめ、うっかり流さないように注意してから対処してください。

スマホ・ガラケーを落としてしまった場合

溶解しない異物でうっかり流してしまうもので一番多いのは、スマホやガラケーなどの携帯です。便器内部でとどまっているのであれば、ゴム手袋をはめ、取り出してください。そのまま流れると、排水路や排水管の途中で再度詰まる危険性があります。詰まっている異物は、そのまま流さず回収するのが基本です。その際、電気製品ですので感電に注意しましょう。

鍵やアクセサリーなど金属を落としてしまった場合

胸のポケットに入れた鍵など、小さな金属もよく便器に落としてしまう異物です。ピアスや指輪などを外してポケットに入れているときなどは、十分注意してください。こちらはスマホやガラケーよりかなり小さい異物ですので、少しでも水を流してしまうと奥まで流れていってしまいます。

流れが悪くなるの原因になるほか、鍵やアクセサリーはなくしてしまうと大変なことになるでしょう。うっかり、自動洗浄センサーなどが反応しないよう気をつけてください。こちらもゴム手袋をはめた手で取り上げましょう。もし手が入らない、排水口より先にいってしまったときは、ワイヤーブラシ・割りばし・ピンセットで取り出しましょう。

プラスチックのものを流してしまった場合

次によくあるのは、便器洗剤のプラスチックのキャップなどです。こちらも、水に溶けませんので無理に流さないように気をつけてください。大きさにもよりますが、排水口付近にとどまっている場合は、ゴム手袋をはめた手で、早急に取り除きましょう。もし奥のほうに張り込んでしまっている場合は、ワイヤーブラシや割りばし・ピンセットを使用してください。スマホやガラケーより小さいので、奥に行かないよう注意して取り除くようにしましょう。

ハンカチなどの布製品を流してしまった場合

ハンカチやバンダナなどの布製品は、途中で詰まると水の流れを堰き止めてしまいます。こちらも基本的には、すぐに取り出すことが鉄則です。もし排水口の側面にピッタリくっついて剥がれないときには、ワイヤーブラシでひっかけながら取り除いてください。これらのほかにも、布製品は同じような現象が起きますので、気をつけましょう。

ペット砂など吸水ポリマーが入っている紙類を流してしまった場合

いつも流しているペット砂も、流れが悪くなる原因になる異物です。生理用品を同じように、吸水ポリマーが使用されているものは、水に溶けないばかりか、水を吸って膨張します。そのため、排水路内部に行ってしまうと配管が破損するなど、大きな故障の原因になってしまいます。引っ張り出すのが基本ですが、もし膨張しすぎて挟まってしまっている・とれなくなっている場合は、無理をせず水回りの業者に連絡しましょう。

スマホを落とした!異物がとれないときはやまぐち水道職人へお電話を

やまぐち水道職人は下関市、防府市、宇部市、山口市、周南市、岩国市など、山口県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。便器の詰まり・水漏れといったトラブルをはじめ、浴室や洗面所、キッチンでの詰まり・水漏れなどの水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にやまぐち水道職人にお問い合わせください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315