【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 台所の排水管から水漏れが起きた場合の応急処置とは?パーツの交換方法まで解説

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の排水管から水漏れが起きた場合の応急処置とは?パーツの交換方法まで解説

2021年07月12日 キッチンの水漏れ


台所の排水管から水漏れが起きた場合の応急処置

マンションでも戸建てでも、築10年以上の建物では、台所の排水管から水漏れが起こるのは珍しくありません。もしも水漏れが起こったら、それ以上水を流さないようにしましょう。ずっと水を流してしまうと、被害の拡大につながってしまいます。もしも水を止めても水漏れが止まらない場合、排水管ではなく、給水管からの水漏れの可能性も考えられます。排水管からの水漏れの場合、水を止めたあとに下記の応急処置を行うのがおすすめです。

・台所の排水管から水漏れが起きた場合の応急処置
1)床や壁などの傷みを防ぐために、水漏れによって濡れた箇所を拭く
2)排水管全体の水気を拭き取ったあと、換気する
3)排水管とシンク、排水ホースなどの結合部にあるナットをしっかりと締める
水漏れの原因がナットのゆるみにある場合は、締め直すだけで水漏れがおさまる場合があります。
4)排水管の水漏れ箇所が目でわかる場合、そこにビニールテープを巻き付ける
5~6周ほど、隙間が出ないように巻き付けてください。ビニールテープはホームセンターなどで購入できます。

パーツの交換で水漏れが解消することもある

排水管とつながっている排水ホースの破損や、接合部のゴムパッキンの劣化なども、水漏れの原因につながります。どちらも比較的自分で交換しやすいため、下記の手順を試してみてください。

・排水ホースの交換方法
準備として、新聞紙や汚れてもよいバスタオルなどを敷いておきます。下水や排水管にたまった汚れの臭いが非常にきつい場合があるので、マスクをしたうえで、換気しながら作業を行ってください。

1)シンク下を開いて、下水につながる排水プレートを外す
2)防臭カップ、防臭ゴムを外したあと、排水ホースも取り外す
排水ホースは簡単に手で持ち上げられます。先端をバケツなどに入れておくと、交換のときに水が飛び散りにくくなります。古い排水ホースの中の水はとても汚いため、直接さわらないように注意しましょう。
3)排水管のシンクへとつながる側を外す
4)丸まらないように注意しながら、新品の排水ホースをつなぐ
排水ホースが丸まってしまうと、そこに油やお湯がたまり傷んでしまいます。排水ホースが長すぎる場合は、ハサミなどで切って長さを調整してください。
5)外していた防臭カップ、防臭ゴム、排水プレートを再び取り付ける
ビニール製の排水ホースは10年ほどで劣化するため、定期的に交換するのがおすすめです。

・ゴムパッキンの交換方法
接合部のゴムパッキンを手に取ったときにひび割れ・隙間がある場合、弾力がなく固い場合などは、ゴムパッキンが劣化していると考えられます。ゴムパッキンは各所に取り付けられていますが、例として排水トラップのゴムパッキンの交換方法をご紹介します。

1)排水トラップを固定しているナットを外す
ナットのゆるみが水漏れの原因の場合、ナットを締め直すだけで解決することもあります。
2)ゴムパッキンを外し、新品のものを取り付ける
3)ナットをしっかりと締める
交換したあとは、水を流して水漏れが改善されたかを確かめましょう。

台所の排水管の水漏れはつまりが原因のこともある

経年劣化以外でも、排水管から水漏れが起こることがあります。それの代表的な原因が、排水管が油汚れなどによってつまることです。食材や洗剤のカスを取るために、排水口ネットを使っている人は少なくないと思いますが、油は排水口ネットを通り抜けてしまいます。そのため、油が付いたフライパンや鍋、食器などを洗うと油が排水管へと流れていってしまい、そこで冷えて固まってしまうのです。

冷えて固まった油は、麺類の切れ端、野菜くず、果物のヘタをはじめ、ヘドロのような汚れやぬめりとも結合しやすいという性質があります。1回あたりの量は少なくても、長い期間にわたって油が排水管に流れ込んでいくことで、水漏れするほどにつまってしまいます。

・排水管のつまりを解消する方法
油汚れによるつまりに有効なのが、お湯とタオルを使う方法です。手順をご紹介するので、試してみてください。

1)シンクの排水口にタオルを詰め、50~60℃のお湯をためる
このとき、タオルの先はシンクの外側に出しておきます。
2)タオルを引っ張り、たまっていたお湯が流れるときの水圧で、油汚れを一気に落とす
普段から食器や調理器具を洗う前には、ティッシュなどで油をぬぐっておくこともおすすめです。

自信がなければ自分で対応しようとせずプロに相談を

ビニールテープによる応急処置や、排水ホース・ゴムパッキンの交換は比較的簡単ですが、自信がなければ無理に対応しないようにしてください。DIYなどに不慣れな人が行うと、かえって被害が広がってしまう可能性があるからです。そんなときは、なるべく早く水まわりの専門業者に相談するのがおすすめです。

山口県で台所の排水管から水漏れが発生したら、やまぐち水道職人へ

やまぐち水道職人は下関市、山口市、宇部市、防府市など、山口県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。トイレや浴室や洗面所、キッチンでのつまりをはじめ、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にやまぐち水道職人にお問い合わせください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315