【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » トイレの流れが悪い!マンションのトイレつまりの主な原因と解消法

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの流れが悪い!マンションのトイレつまりの主な原因と解消法

2022年12月26日 トイレのトラブル


マンションのトイレで、流れが悪くなると水が溢れださないか心配になることはありませんか?マンションなどの集合住宅で、万が一水漏れして床が浸水してしまったら、下の階に住んでいる方にも被害が及ぶ危険性があります。

そこでこの記事では、流れが悪くなる主な原因や、つまらせてしまった対処法などをご紹介していきます。原因をしっかりと把握して、正しい方法で対処していきましょう。

トイレの流れが悪くなる主な原因


はじめに、流れが悪くなる原因を確認しておきましょう。流れが悪くなる主な原因は水の量が少ないことと、つまりがおきている2つです。それぞれ簡単に確認できるため、気がついた時点で調べることが大切になります。

流れる水の量が少量
流れが悪くなるとつまっていると考えがちですが、流れる水の量が少ないと流れが悪くなります。タンク中にペットボトルを入れて節水モードにしている方や、水道代削減のために、水量を調整している方に起こりやすい現象です。

水量は、大便や小便のそれぞれがスムーズに流れるように設定されています。勝手に節水モードへ変更してしまうと、排泄物やペーパーは上手く流れていきません。そのような場合は、通常の水量に戻してみることがおすすめです。

便器内でつまりが起きている
節水モードになっていないのに水の流れが悪く、便器の水位が上がってしまう場合は、便器内でつまりが起きていると考えましょう。ペーパーや排泄物などが排水管につまり、流れを悪くしている可能性が高いです。

便器がつまっていると感じたら、ラバーカップや少しずつお湯を流し込んで対処してみましょう。それでも改善されない場合は、固形物がつまっている可能性があります。ワイヤーブラシでかき出すか、業者へ相談してみましょう。

水の量が少ない場合はタンクが原因


ここからは、主な2つの原因をさらに細かく分析していきます。まずは水の量が少ない場合は、タンク内になんらかのトラブルが発生していることが考えられます。タンクが独立しているタイプであれば、確認は簡単です。

タンクの上にのっているフタは取り外しが可能であるため、すぐにとり外せます。種類はさまざまですが、陶器でできているタイプは重く割れやすいので、外したあとも注意が必要です。丁寧に取り扱うようにしてください。

タンクの中を確認する
まずはタンクの中を確認していきます。トイレの流れる水をコントロールするため、内部の水位は常に一定となっているのです。タンク内に記載されている水量の線まで水が溜まっているか確認してみましょう。

タンク内には、オーバーフロー管と呼ばれている細長い筒状の部品があります。オーバーフロー管の3㎝ほど下まで水が溜まっているのが、正常な状態であると考えてください。水位に達していない場合は、タンク内の水量が原因となります。

タンク内の水位を調節する
タンク内には、給水管の付け根に付いている水位調整リングという部品が設置されています。これを回すことにより、タンク内の水位があげられるのです。リングを回しながら、水量の線やオーバーフロー管の下まで水量をあげていきましょう。

万が一水位が回復しないときは、タンク内部の部品が劣化していることも考えられます。水位を測る役割の浮き球や、水位調節を行うボールタップなどがあります。これらが破損していないか確認しておくことも重要です。

便器内でつまりが起きている場合


タンクの水位が正常で、節水モードにしていないのに流れが悪いと感じるときは、つまりが便器内で生じていると考えましょう。またつまっているときは、流れが悪いだけでなく、便器の水位があがってくることも特徴のひとつです。

ここから細かく原因ごとに解説していきます。心当たりのある方は、解消したあとに原因をつくらないような対策をしていくことも大切です。

トイレットペーパーが原因
ペーパーは水に溶けやすい性質をもっていますが、大量に流してしまうとつまりを起こします。また日本製に比べて海外製のペーパーは水に溶けにくいため注意してください。

そのほか、掃除で使用するシートもつまる原因になります。紙類が原因である場合は、塊になった紙をお湯で溶かす方法がおすすめです。45度〜60度ぐらいのお湯を流し込んで30分ほど放置してください。自然に溶けて解消されることがあります。

紙おむつや吸水パッドが原因
給水パットや紙おむつ、ナプキンなどを誤って流してしまうとつまりが発生します。見えている時点で取り除けば問題はありませんが、流してしまうと排水管でつまってしまうのです。

しかもそれらは吸水性も高く、膨らんでしまうため被害が大きくなる可能性もあります。奥まで行ってしまっている場合は、ワイヤーブラシでかき出す方法がおすすめです。もし、自分で対処できないと感じたら業者へ相談してみましょう。

固形物が原因
水を流したタイミングで、トイレに飾ってあった小物やポケットに入っている小銭などを、流してしまうこともあります。固形物は紙のようにお湯で溶かすこともできませんし、ワイヤーブラシでかき出すことも大変です。

まだ奥まで行っていないのであれば、ゴム手袋をはめて掴みだすことができます。しかし、奥までいってしまったと感じたら、業者へ連絡することが大切です。被害が拡大しないうちに相談してみましょう。

マンションのトイレをつまらせたときの対応


マンションのトイレを、つまらせてしまったときの対応についてご紹介します。まずは慌てずに対応することがポイントです。原因を調べ対応すれば、被害も拡大せずにスムーズに解消できます。

無理に水を流さない
一番危険な行動が、焦ってしまい何度もレバーで便器に水を流してしまう行動です。つまりが発生しているのに、何度も水を流し込むと便器の水が溢れてしまいます。一度流して、便器内の水位があがってくる場合は無理に水を流さないことです。

軽度のつまりであれば、ラバーカップを使って解消できる場合もあります。何度かチャレンジしても解消されない場合は、重度のつまりだと考え業者へ依頼することも選択肢のひとつです。

放置することはしない
マンションのトイレの配管は上下の階で繋がっています。上の階でつまりが発生した場合、下の階にも被害が及ぶケースがほとんどです。放置することは全体にしてはいけません。

水漏れをおこした場合は、下階の天井に水がしみてくることや、下階でも排水管がつまってしまったなどの症状が現れます。近所の住民に迷惑をかけないように放置せず、早急な対策を考えましょう。

大家か管理会社に連絡をいれる
マンションでは、大家または管理会社が直接契約している業者がいることもあります。つまったら、自分で業者を探す前に大家か管理会社へ一度相談してみましょう。

契約している業者がない場合は、住んでいる地区の水道局指定業者一覧 などで調べてみましょう。水道局指定業者であれば、適正な水道工事が行える業者として市町村で認定されているため安心です。

まとめ


流れが悪い状態を放置しておくと、被害が拡大します。とくにマンションの上階に住んている方は、下の人に迷惑がかからないよう早めの対策を心がけましょう。

タンク内の水量や部品の劣化、破損であればすぐに対応もできて、簡単に直すことも可能です。しかし、つまりが原因で合った場合は原因になっているものを特定して対処をおこなってください。

もし、自分だけではどうにもならないと感じた場合は、管理会社や大家に相談してみましょう。その上で信頼できそうな水道業者を探すことがスムーズな解決策へと繋がります。水道局指定業者は、適切な対応をしてくれるため安心できる業者です。検討してみてください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315