【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 水道局指定工事店とは?通常の業者との違いを解説

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道局指定工事店とは?通常の業者との違いを解説

2022年06月28日 水回り

水回りで何かトラブルが起きたときに、迅速に、丁寧に対応してもらうためにも、信頼できる業者を選ばなければいけません。水道業者の中には悪徳業者も紛れており、高い修理代を請求してくることもあるのです。


そこで今回は、水道局指定工事店についてご紹介します。通常の業者とは何が違うのか説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。


水道局指定工事店とは?


皆さんは「水道局指定工事店」という言葉を聞いたり、見たりしたことはありますか?見たり、聞いたりしたことはあるけれど、具体的にどのような業者なのかわからないと疑問に思っている人も多いでしょう。


水道局指定工事店とは法律に定められた基準をもとに施行できると認められた業者のことです。
家庭の水道は公共の排水管と直結しています。家庭の水道で問題が発生した場合は、安全な水道水が供給されなくなる可能性があります。


家庭に安全な水を供給するためにも、信頼できる水道業者の基準を設けることによって各自治体が認定しているのです。
各自治体で認められた業者ということになるので、通常の水道業者と比べても信頼度が高いと言えるでしょう。


非指定業者と水道局指定業者はどう違う?


水道局指定工事店の認定を受けるためには、業者の認知度や規模の大きさは関係ありません。条件を満たせば小さな会社でも水道局指定工事店に認定されます。


水道局指定業者と非指定業者の大きな違いは「工事できる範囲」にあります。水道局指定工事店でしか修理できない工事があり、もし非指定業者がその工事を行っていた場合は違法行為となります。


「業者がしっかり対応してくれれば大丈夫でしょう」と思っている人もいるかもしれませんが、水道業者全てが優良会社とは限りません。中にはお金を儲けるために悪徳業者が入り込んでいる可能性があるのです。


悪徳業者だと本当はしてはいけない工事にも対応することがあります。水道局指定工事店しか対応できない工事を非指定業者が行うと、水道局から給水を止められることもあるのです。
遠い問題ではありません。給水を止められると水が使えなくなるので、キッチンも、トイレも、お風呂も使用できなくなってしまうのです。


水道業者に修理を依頼する際は、ただ価格の安さだけで決めるのではなく「水道局指定工事店」かどうかも確認しておきましょう。


水道局指定業者に依頼するメリットとは?


「水道局指定業者が良いとは聞くけど、具体的には何がいいの?」と疑問に思っている人も少なくないでしょう。


ここからは、どのような点が魅力的なのかについてまとめていきます。魅力を知っておけば、より依頼できるでしょう。


安心度が高い
水道局指定工事店は各自治体から認められた業者なので、通常の水道業者よりも信頼度が高いです。国家資格保有者により管理、監督されていますし、トラブルがあった時でも迅速に対応してくれるでしょう。


水道局指定工事店は会社の規模や認知度は関係ありませんが、修理に関する技術や知識などの条件をクリアしなければいけません。その条件をクリアした業者のみが「水道局指定工事店」と名乗れるのです。


水道局の指定を受けるためには「給水装置工事主任技術者」という国家資格を持っている人がいなければ認定されません。給水装置工事主任技術者の資格は3年以上の実務経験がなければ、受験資格さえ与えられないのです。


国家試験は厚生労働大臣が実施しており、工事に関することだけではなく公衆衛生や水道行政など多岐にわたる問題が出されます。


給水装置工事主任技術者の資格に合格したということは、水道に関する幅広い知識と技術を持っている証明になります。知識を熟知しているので、複雑な修理が必要になった時でも迅速な対応が可能なのです。


すべての水道局指定工事店が完全に信頼できるわけではありませんが、通常の水道業者と比較すれば安心できる会社が多いです。


適切な工事をしてくれる
上記でもお伝えしましたが、すべての水道業者が優良会社とは限りません。中には悪徳業者が潜んでいる場合もあるのです。


悪徳業者に依頼すれば雑に工事されたり、適切な工事をされなかったりすることがあります。工事に手を抜かれると修理してもすぐに壊れて、また新たに修理しなければいけない状態にされるケースも多いです。


水道局指定工事店なら工事に必要な機器を保有していますし、丁寧に作業してくれるので安心してまかせられるでしょう。


欠格要件に該当しない
例えばこれまで破産したことのある人や、トラブルを引き起こす可能性がある人などに該当しない業者が認められます。これまでの経歴やスキル、信頼度、取引なども確認されたうえで判断されます。


悪徳業者が紛れ込まないように厳しい条件をチェックした業者のみが水道局指定工事店として認められているので、安心度が高いです。


難しい工事も幅広く対応している
水道局指定工事店なら管の交換や新設、撤去など、難しい工事にも幅広く対応できるのが特徴です。
下記でご紹介しますが、水道局指定工事店と非指定業者にはできる工事の範囲にさがあります。水道局指定工事店なら対応できる修理の幅が広いので、複雑な問題が起きた時でも迅速に対応してくれます。
適切な知識と技術、工具で対応してくれるので、安心して任せられるでしょう。


水道局指定業者でなければできない作業


具体的にどのような作業が水道局指定工事店ではないとできないのか見ていきましょう。


上水道
家庭に水を送るための給水管は、水道局の管轄なります。各家庭が管理しているわけではありません。
そのため、排水管の修理が必要になった場合は各自治体が指定する業者にお願いしなければいけないのです。


給水管や水栓を新たに設置する工事や、給水管の種類を変える工事、経路や水栓の増設、取り外す撤去工事、修繕工事などは水道局指定工事店しか対応できません。


上水道の場合は蛇口の交換や、内部の部品であるパッキンの交換などは一般の業者でも対応可能です。複雑でたくさんの工具が必要になる工事は水道局指定工事店でしかできません。


下水道
配水管と同じように、排水管も各自治体の管轄となります。家庭に接続されている排水管は、自治体から指定された業者しか対応できません。
例えば排水設備の新設工事、増設工事、撤去工事、変更工事、汲み取りトイレから水洗トイレへの改造工事などですね。


これらの工事は専門的な知識と技術が必要になりますし、工具も揃えなければいけません。
逆に、指定を受けていない業者はトイレ掃除、トイレ交換、排水管の交換をともなわない水漏れや詰まりの対応のみしか仕事を受けることができません。


上水道と同じように複雑な工事が必要になる場合は専門資格と技術がある業者しか対応できません。業者が無断で工事した場合は、給水を止められるケースがあります。生活する中で大切な水道が止まると、いろいろな場面で不便になります。


お風呂も入れませんし、トイレも流れませんし、家事もできません。このようなトラブルを避けるためにも、見極めることが大切です。


まとめ


水道業者は数多く存在しているのですが、迅速に、適切に対応してもらうためには信頼できる業者に依頼しなければいけません。


水道局指定工事店なら自治体から信頼されている証拠なので、安心して依頼できます。水道局指定工事店に認められるためには国家資格を保有した人が在籍していなければいけません。


確かな知識と技術を持ったプロフェッショナルが在籍しているので、複雑なトラブルが発生した場合も丁寧に、スピーディーに対応してくれるでしょう。
ただ、複数の指定業者を比較しながら信頼できる業者を見つけることが防げるでしょう。


山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315