【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » シャワーとカランの切り替えの調子が悪い!修理方法はある?

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーとカランの切り替えの調子が悪い!修理方法はある?

2021年12月06日 浴室のトラブル


「お風呂場のシャワーとカランの切り替えの調子が悪い……」と悩んではいませんか?シャワーとカランがうまく切り替わらないと、毎日のお風呂がストレスになりますよね。

そこでこの記事では、お風呂場のシャワーとカランの切り替えの調子が悪いときの修理方法を解説します。自分で修理するときの注意点も解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

シャワーとカランの切り替え故障の修理方法


一般的な浴室の場合は、混合水栓と呼ばれる「水」と「お湯」の量を調整できる機具が設置されています。この混合水栓にはシャワーとカランの両方がセットされていて、切り替えハンドルにて流水方向を、シャワーもしくはカランに選択できる仕組みとなっています。

しかしシャワーとカランの切り替えをハンドルでやっているのに、「シャワーを選択しているのにカランからも水が出る」「シャワーの勢いも弱い」など、切り替えが上手くいかないケースもあります。

さらに、「止め」の所に合わせているにも関わらず、水が止まらないケースも。このようなケースの場合は、混合水栓の部品のひとつである「切り替えバルブ部」を交換すると改善されるケースがほとんどです。

ここでは、切り替えバルブ部を自分で交換する手順をご紹介しましょう。

型番を特定する
まずは、混合水栓の型番を特定します。型番は混合水栓本体を探せば見つかります。

10年前くらいの混合栓なら、多くの場合プレート本体に番号が埋め込まれているため、すぐに分かります。

切り替えバルブ部を購入する
型番を確認したら、その型番と同じ切り替えバルブ部を購入します。インターネットで「切り替えバルブ部 (型番) 購入」で検索すると、その型番に合致する切り替えバルブ部が多数ヒットします。

混合水栓の型番さえ分かれば、メーカーが分からなくても大丈夫です。

混合水栓の水・お湯、両方のネジを締める
混合水栓には大抵、水とお湯の両方にネジ(止水栓)が付いています。マイナスドライバーで右方向に回して、ネジを締めます。すると、蛇口から水が出なくなります。

万一、混合水栓にネジがない場合は、家の外にある水道の元栓を締めましょう。この作業をしないで次の工程に移ると、水が吹き出て大変な状況になってしまいます。

切り替えバルブ部を交換する
次に、切り替えバルブ部を交換します。ハンドルを外して、中にあるネジを緩めればOKです。

もし手で回しても緩まない場合は、モンキーレンチかモーターレンチ、もしくはプライヤーを使用します。道具を使う際には、ネジを緩める際にキズが付かないように、レンチとネジの間に布を挟むのがおすすめです。

交換方法はYouTubeで配信されている
ここまで、切り替えバルブ部の交換手順を解説しました。しかし、「実際に自分でできるかわからない」「イメージがあまり湧かない」という方もいるかもしれません。

そこでおすすめなのが、YouTubeです。YouTubeでは、切り替えバルブ部の交換方法について、動画や音声付きで解説してくれているのでおすすめです。

元に戻して状況をチェックする
切り替えバルブ部を交換したら、ハンドルなどを元の状態に戻します。その後、ネジを左に回して水が出るようにします。

水道の元栓を締めている場合は、元栓を開けましょう。トラブルの症状が直っているか、チェックします。基本的には、先の症状であればこれで直っているはずです。

お風呂の蛇口修理をする際の注意点


お風呂のシャワーや蛇口は、混合水栓と一体になっています。そのため、水が止まらない、切り替えが上手くいかないなどのトラブルは、自分で切り替えバルブ部を交換することで修理が可能です。

ただ、修理時にはいくつか注意点もあります。ここでは、その注意点をお伝えしましょう。

切り替えバルブ部は必ず型番と同じものを購入
切り替えバルブ部を交換する際には、先に紹介した混合水栓の型番を確認して購入しましょう。例えば、メーカーがTOTOだから、TOTOの切り替えバルブ部なら何でもよい訳ではありません。

型番を確実に調べてから、部品を購入しましょう。

止水栓は必ず締める
混合水栓をばらす前には、必ず止水栓を締めることを忘れないでください。止水栓が付いていない場合は、家の外にある水道の元栓を必ず締めます。

しかも、適当に締めるのではなく、確実に締めましょう。少しでも締め方が甘いと、水圧で水が噴き出しますよ。

ムリに外さない
切り替えバルブ部を交換するには、ネジを外さないといけません。握力のある方は手で回して緩めることができますが、そうでない方や固くなっている場合には、レンチやプライヤーなどの機具を使います。

それでも、回らない場合は修理をいったん諦めましょう。力を入れ過ぎると、混合水栓と壁部にひび割れがいく可能性があります。

自信のない場合は業者に頼もう
今回紹介している混合水栓のトラブルは、部品さえ購入すれば自分で修理できるものですが、誰もが確実に修理できる訳ではありません。

器用、不器用も個人差がありますので、自信のない方は自分で修理しないで専門の業者に頼みましょう。結果的に、その方が安くつくかもしれません。

お風呂の蛇口の切り替えはなぜ故障するのか?


シャワーからカランへの水の流れを制御しているのが、切り替えバルブ部です。切り替え回数が多くなると、部品の損耗も激しくなってきますし、経年劣化も起きてきます。

シャワーにしてもカランにしても、水圧がかかっているのは同じです。そのため、少しの隙間ができてしまうと水漏れや、切り替えが上手くできない原因となります。

まとめ


今回は、お風呂場の混合水栓のトラブル解決法についてお伝えしました。混合水栓のトラブルは、自分で修理することができます。

ただ、型番を調べる、ネットで検索する、切り替えバルブ部を購入する、混合水栓のハンドル部分を分解するなど、ある程度の工数がかかります。

そのため、修理の腕前に自信のない方は、ムリせずに専門の業者へ依頼することをおすすめします。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315