【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » キッチンリフォームに失敗した例とは?どんなキッチンを選ぶべきか

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

キッチンリフォームに失敗した例とは?どんなキッチンを選ぶべきか

2022年05月28日 キッチン

キッチンに快適さを求めて念願のリフォームをしても、残念ながら失敗してしまったケースが多くあります。「いざ使ってみたら違和感があるといった仕上がりにならないよう、注意が必要です。

本記事では、リフォームの失敗例を取り上げているので、失敗事例を確認してリフォームを成功させるために役立ててみてください。

また、失敗しないためのポイントもあわせてチェックしましょう。

キッチンリフォームの失敗例


まずはキッチンリフォームの失敗例から確認していきましょう。

■かえって狭くなった
よくあるのが、壁付式のキッチンをリフォームしたら、かえって狭くなったという例です。

対面式のキッチンは、壁付式キッチンよりもスペースが必要となるため、同じ面積の中でも動ける範囲がなくなってしまいます。また、場合によっては調理スペースも狭くなってしまい、かえって窮屈に感じることもあります。

せっかくリフォームしたのに、動線も調理スペースも狭くなってしまうのは残念ですよね。親子や夫婦で料理をしたいのに、いざリフォームしてみたら「2人以上で使うには狭い」となってしまってはリフォームをした意味が薄れてしまいます。

1人で使うか、2人で使うかによっても確保するスペースが異なるので、レイアウトを決める際は動線のイメージを固めておきましょう。

■使わない機能・設備がある
使おうと思って導入した機能や設備を、意外と使わないというケースもよくあります。

代表的なもので言えば、食洗機です。食洗機は片付けがラクになった人もいれば、洗い物が習慣となっていて、あまり使わない人もいます。また、食洗機だと細かい汚れが落ちない、食器が入らないなどの問題が発生することもあります。

製品によっても性能に違いがあるため、使用する人によって賛否が分かれるところでしょう。大人数で使用する場合や、使っている食器の大きさなどを考えて導入しましょう。

また、床下収納に関しても同様に賛否が分かれます。「作ってみたけれど結局使わない」というケースもあるので、リフォームの際はよく検討する必要があります。あまり使わない調理器具を保管しておく場所として有効ですが、使う調理器具を保管しておく場所としては不適切です。

保存食を保管するスペースとしても有効ですが、結局忘れてしまうこともあるので、導入の際は注意が必要です。

■見た目や使い勝手がイメージと違う
リフォーム前のイメージと現実が違うケースもよくあります。
「気に入ったデザインにしたつもりでも、仕上がりの見た目が違う」「キッチンの高さが合わないなど」などの問題が発生する場合があります。

イメージとの相違を防ぐには、写真・画像だけでなく3Dモデルで確認できるリフォーム業者を選ぶ、モデルハウスやショールームで実物を確認するなどの方法があります。

■暑い・寒い
反対に、キッチンに自然光を取り入れようとして窓を設置した結果、暑かったり寒かったりする場合があります。夏場はキッチンに立っているのも辛く、食材がすぐに腐敗してしまうといった事象も起こるので注意しなければなりません。

たしかに、動線の確保や見た目などもキッチンのリフォームで重要ですが、キッチン内の環境にも配慮する必要があります。キッチン環境の温度だけではなく、風通しに関しても考慮できると尚良しです。

しかし、暑さや寒さに関しては、日除けを設置すれば改善できるケースがあります。キッチン環境に一工夫入れてみるのもよいでしょう。

■暗くて電気が必須
日中でもキッチンが暗くて電気が必要になる失敗例もあります。

というのも、窓を設置しても必ず明るくなるわけではないためです。日中は電気を付けなくても問題ないキッチン環境を作りたい人は、リフォーム業者とよく相談して窓を設置しなければなりません。

また、リフォーム後の家具の配置も決めておくと、失敗する可能性がグッと下がります。作りたい環境に合わせて家具の配置もある程度しておきましょう。

■コンセントの位置・数が合わない
リフォームに伴ってコンセントの位置や家電の配置を変えた場合、快適にキッチンが使えなくなる場合があります。

延長コードで解決できる場合もありますが、せっかくリフォームするのであればコンセントの増設をしておくのがおすすめです。

キッチン周りの家電は増えていくため、コンセントに関してもリフォーム業者に相談しておきましょう。

■ニオイがこもる
カウンターキッチンやアイランドキッチンにリフォームして「料理の匂いが生活空間に漂い、食後もなかなかとれない」といったケースもあります。

リビング一体型のキッチンは家族との距離が縮まりやすいのはメリットですが、家族に影響を与えてしまうので注意しましょう。

■目線が気になる
カウンターキッチンやアイランドキッチンにリフォームする場合、部屋全体が丸見えになります。キッチンからリビング全体を見渡せて家族との距離が縮まりますが、なかには目線が気になってしまう人もいます。

たとえば部屋の一部分だけ散らかっているのが気になってしまったり、リビングから洗い物の残りが見えてしまったりするなどです。目線が気になる人はカウンターキッチンやアイランドキッチンはおすすめできません。

とくに、アイランドキッチン収納が少なく、物を少なくしなければなりません。整理整頓が苦手な人には向かないでしょう。

■予算オーバー
キッチンのリフォームは水回りも変更しなければならないので、簡単に配置を変えられません。つまり、リフォーム作業が大掛かりになるので予算を多めに確保しておく必要があります。

しかし、実際に予算を聞いてみると、想像以上であるケースがあるので注意しましょう。
とはいえ、リフォーム費用を抑えて一部分だけあまり費用をかけない、などの費用の使い方をしてしまうと、キッチンがアンバランスになってしまいます。

キッチン環境だけではなく、壁や床、収納などの全ての予算も把握しておきましょう。

キッチンのリフォームで失敗しないためのポイント


リフォーム業者としっかり相談することが失敗しないポイントです。予算に関しても、仕上がりに関しても理想的なキッチン環境を作るために重要なので、快適なキッチン環境を作るためには欠かせません。

また、リフォーム前は必要だった機能や設備も、リフォーム後にやっぱり使わないなんてケースもあります。リフォーム業者だけではなく、家族ともしっかりと話し合うのも失敗しないためのポイントになりますので、リフォーム前はとにかく話し合いを繰り返しましょう。
キッチンのリフォームは考えなければならない要素が多く、自分1人で全て決定するものではありません。家族の意見とリフォーム業者の意見も参考にしながら、理想的なキッチン環境を作りましょう。

まとめ


キッチンのリフォームを失敗してしまった例は数多くありますが、あらかじめ失敗例を確認しておけば対策が取れるでしょう。

キッチンは生活の要となる場所でもあるので、他の失敗例なども確認して、理想的なキッチン環境を作ってください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315