【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 水道管が凍結!起こる可能性のある被害とは

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

水道管が凍結!起こる可能性のある被害とは

2021年06月21日 水道管のトラブル


水道管が一度凍結してしまうと、「氷が溶けたらまたもとのように使う」というわけにはいかないケースが多いです。水道管の凍結を避けるべく予防策を講じるのは大切なことですが、それでも凍結してしまったときのために、どうして水道管は凍結するのか、凍結した水道管はどうなるのか、二次被害は起こるのか…などの知識を得ておくのもまた重要なことですよね。

今回は水道管が凍結する理由や、凍結してしまった場合に起こる可能性がある二次被害、そして効果的な予防対策についてもご紹介していきたいと思います!

水道管が凍結する理由

寒い季節、そして特に冷え込みが厳しいときに凍ってしまう水道管。具体的に言うと、マイナス3度を下回る程度の気温では凍結のリスクが高くなるようです。

ですが冷え込みというのは単純な気温だけではかれるものではなく、日陰にあって他の場所よりも温度が低くなる位置に水道管があったり、風が強く純粋な気温以上に冷え込んだりといった条件下では、氷点下になるくらいの気温でも凍結してしまうリスクがあります。寒い季節には日頃から天気予報に気を配り、気温や天候をチェックすることが大切です。

水道管が凍結したときに起こる可能性がある具体的な被害

水道管が凍結すると、具体的にはどのような被害が起こるのでしょうか。

・水が出なくなる
水道管の凍結は、水道管の中に残る水分が凍って起こります。水道管の内部で水が凍ってしまっているので、当然蛇口をひねっても水が出てこなくなります。

・水道管の損傷、破裂
水は、凍ると液体のときよりも体積が大きくなり、膨張していきます。水道管の内部で凍った水が膨張していくことにより、水道管が歪んだり、ときには破裂してしまったりといった被害が起こります。水道管が損傷、もしくは破裂してしまうとそこから水が漏れ出してしまいます。

一戸建てでも困る被害ですが、アパートなど集合住宅にお住まいの場合、階下の部屋にも水漏れの影響で被害が及ぶ可能性もあります。自宅だけではなく、よそのご家庭にも迷惑をかけてしまうかもしれない、ということはしっかり心に留めておきましょう。

水道管の凍結を予防するためのポイント

水道管は、一旦凍結してしまうと破損や破裂のリスクが高くなってしまいます。そうならないためには、そもそも凍結しないようしっかり予防しておくのが大切。凍結予防に効果が期待できる、対策をご紹介します。

・水抜きをしっかりしておく
水道管の凍結は、水道管内部に残っている水が凍ることにより起こります。つまり、水道管の中に水が残っていなければ凍結しませんし、水漏れも起こらないということです。水抜き作業はとても簡単で、水抜き栓を締めた上で各水まわりの蛇口を開け、水道管内に残った水をすべて出しきればオーケー。シングルレバーの水栓の場合、お湯側と水側でそれぞれ個別に水を抜いておきましょう。

・少しだけ水を出しっぱなしにする
流れている水は、その場にとどまっている水よりも若干凍りにくい傾向があります。水抜き作業をするほどでもない、時間が取れないという場合には、水を少しだけ出しっぱなしにするという予防法も一定の効果は期待できます。水を出し続けた分水道料金がかさんでしまいますが、水道管が凍結した際の修理費用を思えば微々たる出費でしょう。

・凍結防止ヒーターをしっかり活用する
水道管によっては、凍結防止ヒーターが設置されていることがあります。ビニール状のものがぐるぐると水道管に巻きつけられているため、その水道管には凍結防止ヒーターが設置されているとわかります。

たとえば、旅行等で家を長く空けるときにはブレーカーを落としたり電化製品のコンセントを抜いておいたりする方が多いかと思いますが、水道管の凍結防止ヒーターが設置されている場合、自宅を長く空けることがあってもブレーカーはそのままにしておきましょう。電気代がどうしても気になるというのであれば、しっかりと水抜きをしていきましょう。

・水道管を保護する
凍結防止ヒーターはなくとも、水道管自体を保護し、保温する工夫をしてみるのがおすすめです。タオルやスポンジなどを巻きつけておくだけでも一定の効果が期待できますので、急な冷え込みで備える時間があまり取れないときには、タオルやスポンジなど家にあるものを巻きつけて保護しておきましょう。

冷え込みが予想される日までにきちんと準備する余裕があるときには、配管保温材をチェックしておきましょう。グラスウールを使った配管保温材を水道管に巻くと、当然といえば当然ですがタオルやスポンジを巻きつけるよりもずっとシンプルでスッキリした見た目になります。

水道管が凍結してしまったら、水道修理業者へ速やかに連絡を!

水道管が凍結した場合、自力でなんとかしようとするとかえって被害が大きくなり、状況が悪くなってしまう可能性も考えられます。一刻も早く解決したいと思われるかもしれませんが、そのためには自分で無理に対処するよりも水道修理業者へ相談することをおすすめします。

下関市や宇部市、山口市、萩市、長門市などで水まわりのトラブルに関するご相談を受け付けているやまぐち水道職人では、水道管の凍結についてのお問い合わせにも対応しております。水道管が凍結しているとき、またその他にも水まわりのトラブルでお悩みの際には、ぜひやまぐち水道職人までご相談ください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315