【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 自力でできるトイレの節水方法とは?

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

自力でできるトイレの節水方法とは?

2021年06月11日 トイレのメンテナンス


毎日使うトイレだからこそ、できるだけ節水を心がけて水道代を抑えたいもの。ですが、トイレはレバーを回せば決まった量の水が流れるという仕組み。蛇口をひねって水を出すのとは違い、自分で量を調節・節約できるわけではありませんよね。

節水したい!という思いはあっても、「レバーを引いて水を流すだけなのに、どう節水したらいいんだろう」と、お悩みの方も多いのではないでしょうか?そんなお悩みを持つ方のために、今回は自力でできるトイレの節水方法についてご紹介します!自宅でも簡単にできる節水方法をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

今すぐできる、簡単なトイレの節水方法

どんなご家庭でも今すぐにできるいちばん簡単な節水方法は、大洗浄と小洗浄を適切に使い分けることです。トイレの大洗浄と小洗浄、見た目にはそう差はないように感じますが、実はかなり流れる水量に違いがあります。

小洗浄は大洗浄と比べると、およそ2リットルほど水量が少なくなりますので、小洗浄で事足りる場合にはこちらを選ぶことを徹底するだけで、トイレの節水につながります。ですが、だからといって、常に小洗浄を使用するのもよくありません。トイレには、流すのに適切な水量というものがあります。だからこそ、「大」「小」とはっきり分けられているのです。

常に小洗浄を使っているとトイレが詰まりやすくなり、その修理のためにかえって費用がかさむ…などということにもなりかねません。大洗浄が必要なときには、しっかりたくさんの水で流し、小洗浄で済むときには少なめの水で流す…今まで適当に大洗浄を使ってきたという方は、これを徹底するだけで節水効果が期待できます。

また、二度流しをやめることも効果的です。音が気になるという理由から、1回のトイレ使用で二度水を流す方も多いですが、そうなるとトイレで使う水の量は、単純計算で倍になっていることに。もちろん、節水の面からいえば大変な悪手です。水音を鳴らすグッズ等を導入し、水を流すのは一度に抑えましょう。

節水グッズを取り付けるのも効果的

トイレに取り付けるタイプの節水グッズを使うのも、自宅でできる効果的な節水方法です。グッズによって金額に幅はありますが、おおよそ数千円の範囲内で購入できるものばかり。一度購入すればずっと使えるので、その分節約できる水道代を考えればすぐにもとは取れるはずです。

・水洗トイレ節水器ロスカット
トイレで流れる水の量を減らしてくれる、節水グッズです。ロスカットという名前の通り、トイレタンクの水を流したり止めたりする排水弁の閉まるタイミングを早め、トイレの洗浄後排水弁が閉まるまでだらだらと流れ続ける水の量を減らす商品です。

トイレタンク内の排水弁を閉める役割を持つ、ゴムフロートに取り付けて使います。洗浄時の水圧を変えることなく、流れる水の量を30%以上カットしてくれるため、機能面では問題なくかしこく節水できるのがポイント。メンテナンスなども不要で、一度購入すれば長く使えるのもうれしいですね。節水型の新しいトイレやハイタンク型のトイレ、ボタンを押して水を流すタイプのトイレには使えないので注意が必要です。

・ウォーターセーバー
トイレタンク内の、フロートバルブの上に置くだけ、というお手軽な商品。価格も安く、気軽に購入できそうです。このウォーターセーバーは、「トイレのレバーを回している間だけ水が流れるようになる」という商品です。

普通は、一度レバーを回したら後は手を離しても勝手に水が流れて止まりますが、ウォーターセーバーを使っているとレバーを回して押さえている間だけ水が流れ、レバーから手を離すとすぐに水が止まるようになります。すぐに水を止めることによって、無駄に水を使うことを防ぐのですが、いつもと同じ感覚でレバーを回した後すぐに手を離してしまうと水の量が足りなくなり、トイレが詰まる原因になってしまうので注意が必要です。

ウォーターセーバーをフロートバルブに置くことで、レバーも重くなるため、普通のトイレとは若干使用感が違ってきます。普段から長めにレバーを回すことを、忘れずにしっかり心がけられるという方なら問題なく使えるでしょう。

不安な場合は節水型トイレへの交換がおすすめ

大洗浄と小洗浄を使い分けるのはともかく、節水グッズは使うのに多少のコツや注意がいるのもたしか。小さなお子様やご年配の方などは、レバーが重くなると上手く回せないこともあるかもしれません。また、洗浄時の水量を大きく減らすので、詰まりの原因となりかねないのも怖いところです。

不安な場合には、節水型の新しいトイレに交換することをおすすめします。交換のための工事を含めると、一時的に大きなコストがかかってしまいますが、旧式のトイレと比べると一度に流れる水の量を最大でおよそ3分の1ほどにまで減らすことができるため、すぐにもとが取れるほどに水道代を節約できるはずです。

理由もないのに水道代が高い…そんなときは水道修理業者へ連絡を

水道代を抑えるため、トイレの水を節水するのはとても効果的な方法です。ですが、よく調べてみると、水道代が高くなってしまっているのはトイレタンク内での水漏れなどが原因だった…というケースもあります。特に心当たりがないのに水道代が妙に高くなっているときには、節水よりもまずはトイレをはじめとした水まわりのトラブルが発生していないか確かめてみましょう!

やまぐち水道職人は、光市や周南市、山陽小野田市、萩市など、山口県内各地で水まわりのトラブルに関するご相談・お問い合わせを受け付けています。トイレをはじめ自宅の水まわりのことでお困りの方は、ぜひやまぐち水道職人までご連絡ください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315