【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 修理か交換か?給湯器の水漏れ原因

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

修理か交換か?給湯器の水漏れ原因

2021年03月28日 給湯器の水漏れ
給湯器の水漏れ
給湯器からの水漏れは、放置しておくと大事故につながる恐れがあります。
しかし水漏れ箇所によっては、対処が不要なことも。
今回は、給湯器の水漏れ原因や気づいたときにまずすべきこと、最終的な対処方法をご紹介します。

給湯器の水漏れはどうして起こるのか?

給湯器からポタポタと水が漏れていると、故障か?と不安になりますよね。
給湯器の水漏れはどのような原因で起こるのでしょうか?
ここでは主なものを挙げてみました。

・経年劣化
給湯器は毎日使うものなので、使っているうちにどんどん経年劣化を起こしていきます。
電化製品の寿命は約10年と言われていますが、給湯器も標準使用期間が10年と定められています。
10年を超えた給湯器は、内部部品であるゴムパッキンが劣化により固くなり、破損することで水漏れを起こしやすくなります。

・配管の凍結
冬、外気温が下がると、配管の中の水が凍結することがあります。
凍結するだけなら、朝気温が上がれば氷が解けて元通り水が流れますが、水は氷になる際に膨張します。
そのため配管が破裂してしまい、氷が解けるとその場所から水が漏れるようになるのです。

配管の凍結による水漏れは、寒冷地よりもむしろ、時々寒波の影響で気温の低い日がある寒冷地以外の地域で起こることが多いです。
寒冷地では日頃から配管の凍結予防のための対策が施されているためです。
やはり予防は大切です。

・施工ミス
給湯器が設置されて間もないのに水漏れが起こる場合は、施工時に配管の接続が正しく行われなかった可能性が考えられます。
設置後しばらく経ってから水が漏れてくることもありますが、ほとんどの場合、使い始めてすぐに水漏れを起こします。

・水抜きからの水漏れ
給湯器には、給水水抜き栓、給湯水抜き栓、ポンプ水抜き栓など、給湯器内部の水圧を下げるため、点検などで配管内の水を抜くため、給湯器内部の配管の凍結を防ぐための目的で水抜き栓が必ずあります。
これらは自動で水を抜いてくれるものもあり、知らない人がみれば、給湯器から水漏れしている!と思われるかもしれませんが、基本問題ありませんので、心配は無用です。
ただし水の量が多い、頻度が高いなどの場合は別の原因(何らかの不具合)が考えられます。

給湯器の水漏れ!放置は絶対にNGです。

給湯器の水漏れが水抜き栓以外の場所から起こっている場合、ただちに給湯器の使用を停止する必要があります。
まず、給水バルブを閉め、給湯器への給水を止めましょう。
そうしないと水漏れが止まらず、水道代がかさんだり、マンションなら水漏れが階下に及んだりする可能性があります。
加えて給湯器のコンセントも抜いておくと安心です。

水漏れの状態を放置したまま使い続けると、内部でガスの不完全燃焼が起こる場合があります。
通常給湯器には安全装置が付いており、不完全燃焼が起こると自動的に停止するようになっています。

しかし、不完全燃焼により発生する一酸化炭素は無臭なので、部屋に充満していても自覚症状がなく、最悪の場合一酸化中毒で死亡することもありえます。
水漏れに気づいたら焦る必要はありませんが、給湯器の給水を止める作業だけは、迅速に行いましょう。

修理または交換

給湯器から水が漏れたとき、修理をするべきか、給湯器を交換するべきなのか迷うところですよね。
ただ、交換しか対処方法がない場合もあります。
ここでは水漏れの原因別に、どちらの対処がベストかを考えてみました。

・経年劣化による水漏れなら、交換がおすすめ
経年劣化による水漏れの場合、配管のパッキン交換など、部品交換で修理できる場合もあります。
しかし、法定耐用年数(減価償却の計算で価値がなくなる年数)の6年を過ぎてからの故障ならまだ修理の余地がありますが、標準使用期間の10年を過ぎてからの故障は、メーカーの部品生産が終了しているため、部品の在庫がなく修理ができない可能性が高くなります。

ちなみに、家庭で使うガス代の相場は、2人家族で月4,488円、4人家族で5,129円、そのうち給湯が占める割合は約3割だそうです。
そして熱効率は、従来タイプと省エネタイプでは従来タイプの熱効率が約80%なのに対し、省エネタイプの熱効率は約95%(キッチン、洗面、シャワーのお湯の場合)と、15%も差があります。
この値は経年劣化により年々下がっていきますので、古い給湯器を使い続けることが、必ずしも節約になるとは限らないのです。
ですので、修理よりも交換の方が長い目でみるとおすすめです。

・配管の凍結による水漏れなら、交換のみ
この場合、給湯器内の配管が破裂してしまっているため、原則交換になります。
ちなみに、凍結が原因の故障の場合は、給湯器の保障期間内であっても有償となります。

・施工ミスによる水漏れの場合
施工不良による水漏れの場合は、施工した会社やメーカーによる無償の修理対象です。
即連絡して修理をお願いしましょう。

給湯器の水漏れの修理は、ぜひやまぐち水道職人へ

もし、給湯器から水が漏れているのを見つけた場合は、まずどこから水が漏れているのかを確認して、水抜き栓以外の場合は給水栓を閉めて水漏れを止め、被害の拡大を防ぎましょう。
修理か交換かは、給湯器の使用年数や故障個所によって決まりますが、故障個所が不明な場合や判断が難しい場合は、プロに相談してみるのもおすすめです。

「やまぐち水道職人」は、山陽小野田、萩市、下関市、宇部市、山口市など、山口県全域であらゆる水のトラブルに対応しています。
お見積もりは無料でカード支払いもOK、24時間365日対応のやまぐち水道職人にぜひご相談下さい。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315