【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » シンクが水浸し!どう対処する??

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シンクが水浸し!どう対処する??

2021年03月28日 キッチンの水漏れ
キッチンの水漏れ
シンクの水漏れは、毎日使う場所だけに、すぐに対応しないと大変なことになります。
きちんと原因を調べれば、自分で解決することも可能です。
今回は、キッチンの水漏れ原因とその対処方法をご紹介します。

シンクが水漏れする原因

水をこぼしたわけでもないのに、何故かキッチンの床が濡れている。
そんな経験はありませんか?
キッチンの水漏れは、例えば蛇口から水が止まらない、なんていう分かりやすいものばかりではありません。
ぱっと見はどこから水漏れしているか、分からないこともあるのです。
ただ、分からないからといって、気のせいだろうと放置するのはNGです。
原因を調べ、早めに対応しないと床が水浸しになってしまい、水道代や修理代が大変なことになってしまいます。

ではキッチンの水漏れは、どうして起こるのでしょうか?
一般的なキッチンの給水、排水はこのように行われます。
まず、止水栓から給水管に水が流れ、蛇口を通って水が出されます。
水はシンクの排水口を通って、ゴミ受けを通り抜け、排水トラップを通って排水パイプや排水ホースを経由して下水管へとつながっていきます。
ここに挙げた「止水栓」と「給水管」など、部品と部品をつなぐ間(接続部)は、部品同士をつなぐために、ナット(ねじ)やゴムパッキンを使用しています。

ナットが何かの拍子に緩んだりすると、そこから水が漏れることがありますし、ゴムパッキンは経年劣化により固くなり、破損することが多くなるため、そこからも水漏れが発生します。

また、排水パイプは塩ビ製(プラスチック)ですが、排水ホースはビニール製のため、高温のお湯を流したり、収納しているものがぶつかったりすると、破れてしまうことがあり、そこから水が漏れる場合があります。
そして、排水ホースと下水管の接続部は、ナットなどで固定されておらず、防臭ゴム経由で下水管に差し込まれているだけのため、こちらも何かの拍子にはずれてしまい、水漏れの原因になります。

他には、シンク自体が経年劣化や何かをぶつけたりした衝撃のため、破損してしまい、そこから水漏れを起こす場合があります。

3大水漏れ原因の修理方法

キッチンの水漏れで、頻度が高く、自分でも直すことができるものは、

・パッキンの劣化
・ナットの緩み
・排水ホースやシンクの破損


です。

ここでは、みなさんが思っているよりも、比較的簡単に修理することができる、これらの交換&修理方法をご紹介します。

・パッキンの劣化による交換
パッキンを交換する場合、必ず守らなければならないのは、「元のパッキンと同サイズのものを選ぶこと」です。
ゴムパッキンは、たくさんの種類・大きさが存在します。
購入する際、品番やサイズを間違えないよう、不安な人はホームセンターに古いパッキンを持ち込んで確認するといいでしょう。

ちなみに、パッキンの交換に特別な道具は不要です。
新しいパッキンとゴム手袋、しっかり締める場合はウォーターポンププライヤーがあればOK。

では、排水口と排水トラップのパッキンの交換手順を例に挙げて説明します。

1.排水トラップとシンクの間にあるナットを手で回し、緩める。
2.排水トラップを下から上に押し上げるようにしてはずす。
3.はずした排水トラップのゴムパッキンを手で取りはずす。
4.新しいゴムパッキンを排水トラップに取り付ける。
5.上から排水トラップを排水口に下してはめる。
6.1.で緩めたナットをしっかりと締める。
7.少量の水を流してみて、水が漏れてこなければ完了。

・ナットの緩み
キッチンの給排水を行うパイプのそこかしこで使われているナット。
普通はしっかり締められているのですが、長い年月の間に緩んだりすることがあります。
ナットに触れてみて、簡単に回るようなら、ウォーターポンププライヤーなどでしっかり締め直して下さい。

・排水ホースやシンクの破損
排水ホースは、大体10年で寿命がくるといわれています。
もちろん、使用方法によってはもっと長く使える場合や、反対に短い場合もあります。
排水ホースやシンクの破損には、応急処置として、修繕パテやビニールテープ(シンクの場合は防水テープ)で破れた箇所をふさぐという方法があります。

ホースの水気やホコリをしっかり拭き取り、そこにテープをすき間なく巻き付け、水が漏れてこなければOKです。
シンクは丈夫なステンレス製のものが多いので、めったなことでは穴が開いたりしませんが、もし穴が開いてしまった場合は、水回り専用の修繕パテを使って穴をふさぎます。
穴の周辺のサビや汚れを、サンドペーパーなどでこすって落とし、補修パテをシンクの裏側から押し込んで穴をふさぎます。
パテが完全に乾くまで、15~30分放置し、その後水を流して穴から水が漏れないことを確認すればOKです。

シンクの水漏れは、プロに任せた方がいい場合もあります

今回は、キッチンの水漏れの原因や、自分でできる対処方法についてご説明しました。
キッチンの水漏れは、原因さえ分かれば対応することが可能だということが、お分かりいただけたと思います。
ただし、原因が分からない場合、対処しても水漏れが直らない場合は、プロにお任せした方が結果的に被害もかかる費用も少なく済む場合が多いです。
そんなときは、プロの職人に頼って下さい。

やまぐち水道職人は、水回りのトラブル解決のプロです。
下関市、岩国市、光市他、周南市、山口県全域でトラブル対応のご相談を受け付けておりますので、ぜひお困りの際は24時間365日対応の「やまぐち水道職人」にお電話下さい。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315