【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 洗面所の水漏れ!どう対処する?

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

洗面所の水漏れ!どう対処する?

2021年03月28日 洗面所のトラブル
洗面所のトラブル
洗面所の周りが、水をこぼしたわけでもないのに濡れている…。
それは、洗面所の水漏れサインです。
すぐに原因を調べて止めなくては、大変なことになってしまいます。
今回は、洗面所の水漏れが起こったときの対処方法をご紹介します。

洗面所の床が濡れていたら、まずすべきこと

水をこぼしたわけでもないのに、洗面所が濡れていたら、それは、洗面所のどこかで水漏れが起こっている証拠です。
その場合にまずすべきことは何か?
それは「水漏れ箇所の突き止め」です。
パッと見て、明らかにここから水漏れしている、と分かるならいいのですが、床が濡れているだけの場合もあります。

まず洗面所の給水管や排水管が見えるようにしましょう。
今どきのマンションなら、デザインにこだわって洗面所の下には何もなし、というところもあるでしょうが、普通は洗面所の下は収納になっていて、色んなものが詰め込まれているはずです。
まずはそれらを撤去しましょう。
そして、これ以上床が水浸しにならないように、雑巾やビニールシートを敷き、防水処理を行って下さい。

水漏れの原因を探る方法

排水管や給水管など、洗面所の下の栓や管が全部見えるようにしたら、次は水漏れの箇所を探っていきます。
チェックポイントは、以下の4つです。

1_洗面台のハンドシャワーやシャワーホース
2_S字トラップの接続部
3_排水管と下水溝の接続部
4_止水栓と給水管の接続部

1_は、ハンドシャワー混合水栓といって、蛇口にハンドシャワーがついているタイプのものなのですが、洗面所下にシャワーホースの収納BOXがありますので、中に水が溜まっているかを見て下さい。
2、3_は、少量の水を流して確認してみて下さい。
4_は水滴が付いているので、見たり触れたりすれば分かります。

水漏れ箇所別、対処方法

・洗面台のハンドシャワーやシャワーホース
最近は、便利で使い勝手がよいと、ハンドシャワー付きの水栓をそなえた洗面所が多くあります。
シャワーヘッドやホースの寿命は、大体10年です。
水漏れの原因は劣化による破損が主です。
従ってシャワーホースから水漏れしている場合は、シャワーヘッドやシャワーホースの交換がもっとも有効な方法です。

シャワーヘッドやホースを交換する場合は、水栓の品番を調べ、同じものや互換性のあるものを選ぶ必要があります。
水栓自体にシールなどで品番が書かれているので、それを調べ、古くてシールの文字が読めない場合は取り扱い説明書に記載された品番を元に、ネットショップなどで確認をしてから購入しましょう。

ここではシャワーホースの交換手順を簡単にご説明します。

1.湯、水両方の止水栓を、ハンドル型なら回して、ドライバー式水栓ならマイナスドライバーを使って閉める。
2.ホースを収納している水受けBOX(ない場合もある)をはずす。
3.連結部分をはずすため、ホースのジョイント部の部品(カプラー)を引き下ろす。
4.シャワーホースを本体から引き出す。
5.ホースからシャワーヘッドを取りはずす(もし同時にシャワーヘッドも交換する予定なら、この手順は不要です)。
6.新しいシャワーヘッドに交換する。
7.止水栓を開いて、水が漏れないこと、ホースがきちんと伸びることを確認し完了。

・S字トラップの接続部
S字トラップの接続部での水漏れの場合、U字管と呼ばれる部分の両端(排水溝に近い部分と下水溝に近い部分)にあるナットの緩みやパッキンの劣化が主な原因として考えられるので、そのナットの締め直しやパッキンの交換を行います。

1.1_の1.を行う。
2.下水溝に近い部分のナットから順番に上に向かってナットをはずす。
3.Uの形をした配管(U字管)をはずす。
この時管内に残った水が出るので、バケツ・雑巾で始末をする。
4.新しいパッキンを交換し、逆の手順でU時間を取り付ける。
5.止水栓を開けて、正常に水が流れるかを確認する。

U字管の中には、洗面所の排水口から流れてきた髪の毛やおもちゃなどのゴミが溜まっている可能性が高いので、割りばしや歯ブラシなどで中のものを掻き出し、掃除をしておくと、詰まりの予防にもなって一石二鳥です。

・排水管と下水溝の接続部
排水管と下水管は、防臭用のゴムパッキンだけで、下水管に差し込まれている場合も多く、ふとしたはずみに、排水管が外れて水漏れを起こしてしまう場合があります。
外れてしまった排水管を元に戻すだけで修理は終わりです。

・止水栓と給水管の接続部
止水栓と給水管の接続部で起きる水漏れは、接続部のナットの緩みやパッキンの劣化&破損により起こることが多いです。
ナットの締め直しやパッキンの交換を行いましょう。
この箇所は家の水道の元栓を閉めない限り、水が止まらないため、手遅れになるとマンションの階下の部屋まで浸水していた、なんてことになりかねません。
早急に対処しましょう。

1.家の水道メーター付近にある元栓を閉める。
2.止水栓側→蛇口側の順にナットを緩めて接続管をはずす。
3.パッキンを新しいものと取り替える。
4.接続管を元に戻す。
5.元栓を開けて、水が漏れないことを確認し終了。

山口県の水のトラブルは、「やまぐち水道職人」にお任せ!

今回は、洗面所からの水漏れに、まずするべきことや、原因が分かった時の対処方法をご説明しました。
パッキンの交換は、パッと見難しそうですが、パッキンのサイズを間違えなければ、誰にでもできます。
ただし、原因が分からないときや、対処しても事象が解決しない・難しいときには、ぜひ我々「やまぐち水道職人」にお任せ下さい。
光市、周南市、山陽小野田市、山口市、朝田など、山口県全域でサポートを行っています。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315