【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 台所の蛇口を交換したい方必見!費用や交換方法を紹介

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

台所の蛇口を交換したい方必見!費用や交換方法を紹介

2022年09月09日 水回り


家の中には、複数の蛇口があります。蛇口は日々の生活においても欠かせません。中でも、一般的に使用頻度が高いのが台所の蛇口です。台所の蛇口は使用する頻度が高い分、不具合が起きやすい箇所でもあります。


蛇口の交換は、「水漏れが起きている」場合や「使い勝手の良い最新型のものに交換したい」場合などに考えるのではないでしょうか。


本記事では、台所の蛇口を交換する前に確認すべきことや費用相場、交換方法や蛇口を選ぶポイントについて解説します。台所の蛇口の交換を検討中の方はもちろん、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。


台所の蛇口を交換する前に確認すべきこと


蛇口の交換をする前に、いくつか確認すべきことがあります。それは次の通りです。


・修理が可能かどうか
・蛇口の寿命年数を超えていないか
・蛇口に破損はないか
・蛇口に詰まりはないか


まず、「修理が可能かどうか」を確認しましょう。水漏れは、コマパッキンやバブルカートリッジの劣化、ボルトやナットの緩みが原因で発生する可能性があります。この場合は、パーツの交換やネジを締め直すだけで改善されることがあり、蛇口の交換までする必要がありません。


次に「蛇口の寿命年数を超えていないか」も重要なポイントです。交換を検討している蛇口の使用期間がどのくらいであるかを確認してください。蛇口の寿命は10〜15年と言われており、使用しているうちに劣化していきます。


使用年数が10年以上経過している場合は、有無を言わさず蛇口の交換を検討した方が良いです。そして「蛇口に破損はないか」です。蛇口で水漏れやグラつきを発見した場合、蛇口に破損がないか確認しましょう。


蛇口周りがグラつく場合は、蛇口自体の錆びや腐食などが考えられます。また壁についている蛇口に不具合がある場合には、配管が古くなっていることもあります。


この場合は経年劣化が原因であることが多いため、破損した部分の交換の他に修理も必要となるでしょう。複数箇所の修理が必要な場合には、蛇口本体の交換を検討した方が費用を安く抑えられる場合があります。


最後に「蛇口に詰まりはないか」を確認してください。以前より水の勢いが弱くなっていたり、飛び散ったりする場合には、吐水口の先端にあるキャップ内のストレーナーという部分に汚れやゴミなどが詰まっている可能性があります。


ストレーナーの網をブラシなどできれいに掃除すると改善されるので、試してみてください。ストレーナーの網をきれいにしても症状が変わらない場合は、吸水管や給湯器に問題がある可能性が高いです。そのような時は、業者へ相談することをおすすめします。これらを確認した上で、蛇口の交換を検討しましょう。


台所の蛇口交換の費用相場


台所の蛇口交換をする上で1番気になるのが、費用相場ではないでしょうか。一般的な台所の蛇口には3つの種類があります。ワンホール混合栓とツーホール混合栓、壁付き混合栓です。相場の目安は次の通りです。


・ワンホール混合栓:20,000〜56,000円
・ツーホール混合栓:14,000〜32,000円
・壁付き混合栓:15,000〜27,000円


このように取り付ける蛇口の種類によって、価格は変動します。あらかじめ依頼する業者へ、価格の確認をすることをおすすめします。また交換する蛇口を自分で用意しておけば、取り替えの工事費のみで済むので費用を抑えられます。


蛇口の種類によって価格は異なりますが、5,000円程度からホームセンターやネットで簡単に購入できます。ただし取り付ける蛇口の種類を間違えてしまうと、かえって費用がかかることになるので、しっかりと蛇口の種類を確認してから購入するようにしましょう。     


台所の蛇口の交換方法・流れ


台所の蛇口の交換は、自分で行うことも可能です。自力での交換は新しい蛇口の購入費用だけで済むので、業者に依頼するよりも交換費用を安く抑えられます。


まず、蛇口交換に必要な工具を用意しましょう。蛇口の交換には、一般的にドライバー・モンキーレンチ・ウォーターポンププライヤー・雑巾・バケツなどを活用します。
取り付ける蛇口の種類によっても必要な工具は異なるので、あらかじめ確認して用意しましょう。工具を用意した上で自力で蛇口を交換する方法は次の通りです。


1.水道の元栓を締めて水を止めましょう。これは、作業中に蛇口から水が出てこないようにするためです。
2.古い蛇口から給水管を取り外し、古い蛇口をシンクから外します。
3.新しい蛇口をシンクに取り付けて、逆止弁と給水ホースを繋げます。
4.最後に元栓を開き、問題がないかを確認して完了です。


このように台所蛇口の交換は、比較的簡単にできます。しかし、自分での交換が難しいと判断した場合には無理をせず、業者へ依頼しましょう。また、交換作業途中であっても不具合が生じた場合には直ちに作業を中断し、業者へ相談をした方が無難です。


無理に作業を続けていては、状況が悪化してしまう可能性も考えられます。費用を抑えることも大切ですが、状況に応じて臨機応変に対応することを心掛けてください。また、業者へ依頼する場合には、必ず複数の業者から見積もりを取ることが大切です。


特定の業者だけを見て決めてしまうと、一般的な相場よりも費用が上回ってしまいかねません。焦らずに慎重に信頼できる業者を選びましょう。


台所の蛇口を選ぶ際のポイント


新しい蛇口に取り替える際には、あらかじめどのような種類の蛇口が自宅に合うのかというのを考えて選ばなければなりません。台所の蛇口は、取り付ける位置や給水管の穴の数、ハンドル式やレバー式など様々な型式があります。


壁に蛇口を取り付ける「壁付きタイプ」は、ツーハンドル・シングルレバー・単水栓の3タイプがあります。台所の流しに蛇口を取り付ける「台付タイプ」は、シングルレバー(ワンホールまたはツーホール)・ツーハンドル(ツーホール)の2タイプがあります。


また近年では様々な機能のついた蛇口が販売されており、蛇口は水やお湯が出るだけのものではなくなっています。ハンドシャワーや浄水器が内蔵されているもの、水はね防止機能やセンサーで水を出したり止めたりできるもの、節水に特化したものなどとあらゆる最新機能があります。


各家庭の予算にもよりますが、蛇口を交換する機会にこのような機能性ある蛇口も検討してみるといいかもしれません。最新機能の蛇口を取り付ければ、より快適な台所になること間違いないです。


まとめ


いざ台所の蛇口の交換が必要になった際、交換方法や費用など様々なことが気になりますよね。これらを事前に調べておくと、慌てず行動に移せます。


蛇口の交換は、自力で行えば費用を大幅に抑えることができます。しかし間違った方法で行ってしまうと、かえって費用が嵩んでしまったり、事態を悪化させてしまったりする可能性もあります。


自分で行うのは不可能だと判断した場合は、業者へ依頼することも検討しましょう。費用はかかってしまいますが、知識や技術があるので、安心して任せることができます。台所周りが以前より快適になると、家事のモチベーションも上がるのではないでしょうか。


山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315