【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » シャワーの水圧が弱いのを改善したい!具体的な対処法を解説

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

シャワーの水圧が弱いのを改善したい!具体的な対処法を解説

2022年05月09日 お風呂

使用しているシャワーの水圧が弱すぎると感じたことはありませんか。

シャワーの水圧が弱すぎると、シャワーを浴びてスッキリすることもできません。シャワーは毎日使用するものだからこそ、快適に使いたいものです。

この記事では、シャワーの水圧が弱くなったときの対処法や、業者に依頼する際のポイントを解説します。参考にして下さいね。

シャワーの水圧が弱くなるのはなぜ?


シャワーの水圧が弱くなる原因はさまざまですが、主に5つの原因があります。

■シャワーとフィルターの目詰まり
シャワーヘッドとホースの間には、「ストレーナー」と呼ばれるフィルターがセットされています。

これは、外部から運ばれてきた水のゴミを取り除くためのものですが、長期間使っているうちにゴミやサビが蓄積して目詰まりを起こしてしまうことがあるのです。

この部分が詰まってしまうと水が出にくくなるため、水圧が弱まってしまいます。

フィルターだけではく、ヘッドが詰まってしまう場合も。

■シャワーホースの劣化
詰まりのほかに、シャワーホースの劣化も水圧を弱くする原因につながります。

長い間使用しているホースは、亀裂が入り水漏れを起こすことも。その結果、シャワーの水圧が弱くなってしまうのです。

■止水栓が閉まりすぎている
止水栓は、閉めたり緩めたりすることで水量を調整しています。

止水栓が閉まりすぎていると、流れる水の量が少なくなって、水圧を弱めることになってしまいます。

■給湯器の容量不足・故障
使うお湯の量に対して作られたお湯の量が不足している場合には、水圧が弱くなります。
また、給湯器の故障が原因で水圧が不安定になることもあります。

■シャワー水栓の故障
シャワー水栓本体が故障してしまった場合、十分にお湯が出なくなることが考えられます。

とくにサーモ付きシャワー水栓の場合、切替レバーの内部にある切替開閉ユニットが故障している、サーモスタットが劣化しているなどの理由が考えられます。

シャワーの水圧が弱くなったときは?


シャワーの水圧が弱くなったときは、何をすればいいのでしょうか。

■シャワーヘッド・フィルターの掃除
掃除の際に、何か特別な道具を用意する必要ありません。

使用するものは、使い古しの歯ブラシ・お風呂用中性洗剤・クエン酸・洗面器・爪楊枝です。身近にあるものだけで簡単にできるので、「水圧が弱くなった」と感じたらすぐにやってみて下さい。

掃除を始める前に、まずシャワーヘッドを分解します。このときに、細かい部品が水に流れてしまわないよう注意して下さい。

「部品が多くて途中で分からなくなりそう」と不安な人は、取扱説明書を手元に置いて作業することをおすすめします。分解できるところは全て分解し、お湯を張った洗面器やバケツに入れます。ただし、外せないところは無理に分解しないようにしましょう。

続いて、歯ブラシを使ってフィルター部分に付着した汚れを、きれいに落とします。シャワーヘッドにある小さい穴も、お風呂用洗剤を付けた歯ブラシを使いゴシゴシ洗って下さい。歯ブラシでも取れない細かい汚れは、爪楊枝を使って取り除いていきます。

それでも汚れがなかなか取れない場合には、つけ置きがおすすめ。水を張った洗面器に大さじ1のクエン酸を入れて1〜3時間ほどつけ置きしておくと、汚れが落ちやすくなるはずです。

■止水栓の調節
取扱説明書に書かれている止水栓の場所をチェックして、止水栓を緩めて下さい。その際、マイナスドライバーが必要となるので用意しておきましょう。

また、止水栓の場所は、家の造りによって異なります。一戸建て住宅の場合、自宅にある水道メーターボックスの中に止水栓があります。青い蓋があるので、まずはそれを開けて下さい。

その中には水道メーターとハンドルが並んでいるはずです。このハンドルが止水栓です。

ハンドルを左に回せば水圧を強められ、右に回せば水圧を弱められます。

マンションやアパートの場合は、玄関ドア付近に水道メーターボックスがあります。その中を開けると、一戸建て住宅と同様にハンドル式の止水栓があるはずです。方法も同様。左回しで水圧を強め、右回しで水圧を弱くできます。

止水栓が屋内に設置されている場合も。この場合、浴室の近くに止水栓が設置されています。この止水栓を回せば、水圧を上げられるでしょう。

■給湯器の交換
水の水圧は関係なく、お湯を出すときの水圧だけが弱いと感じたら、給湯器の交換も検討してみて下さい。

給湯器の能力は、「号数」で表されます。「号数」とは、水温+25度のお湯を1分間に放出できる量。この号数が大きければ大きいほど、たくさんの水をお湯に変えられます。

給湯器の容量が不足している場合は、号数が適していない可能性も。給湯器の容量が不足している故障した場合は、給湯器の交換で問題を解決できるでしょう。

■シャーヘッドの交換
シャワーヘッドの汚れがひどい場合は、新しいものに交換する方が早いでしょう。

シャワーから出るお湯の量を多くしたい場合は、気軽に水圧調整できる水圧シャワーヘッドがおすすめです。水圧シャワーヘッドは、ヘッド自体の大きさを変えられたり、穴の大小を調整できたりと水の量を調整できる機能を多く備えています。

水が直線上に出るように設計されているため、確かな水圧の強さも実感できるでしょう。取り付けも簡単で、特別な工具なしで導入できます。

専門業者に依頼するといくらかかる?


水圧が弱くなる原因はさまざまで、素人では原因を特定しにくいこともあります。

水道管の劣化や破損、水漏れなどが原因になることも。自分で対処できないと感じたらすぐに、水道業者に依頼することをおすすめします。しかし、専門業者に依頼するとき、気になるのは料金ではないでしょうか。

業者によって多少の違いはありますが、蛇口コマパッキン交換の場合は、およそ1,000〜1,500円かかります。パッキン部分の交換の場合は、4,000〜5,000円ほど。止水栓交換は、12,000〜25,000円ほどを目安にしておくと良いでしょう。

これら修理・交換費用以外にも出張料金や深夜料金がかかることも。なるべく家に近い業者を選べば、出張費用を安くできます。費用に関してはホームページ上で確かめることが可能です。

依頼する前には、しっかりチェックしておきましょう。

自力での修理はトラブルに注意


シャワーの水圧を改善しようと自力で修理することが思わぬトラブルに発展することも。

自分で対処できない問題は、すぐにプロの業者に依頼しましょう。もちろん、フィルターの目詰まりや水栓の開閉など自分で対処できることはあります。しかし、原因がわからない場合や水漏れが起きている場合は、自力で修理するのは避けて下さい。

マンションなどの集合住宅に住んでいる人は、給水設備に不備があることも考えられます。大家さんやマンションの管理会社に点検依頼するようにしましょう。

まとめ


「シャワーの水圧が弱まった」と感じたときには、シャワーヘッド・フィルターの掃除や止水栓の調節で対処できます。原因がわからない場合は、無理に対処することは避けて下さい。

自力で修理するならば、トラブルを悪化させてしまうことがあります。プロの水道業者に依頼することで、問題を解決しましょう。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315