【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » トイレの水道代を抑えるためにできること

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水道代を抑えるためにできること

2021年10月13日 トイレのメンテナンス


水道代が高いなと思ったとき、水道を使い過ぎている場所の見直しをした経験がある人は多いかと思います。お風呂、洗面所、台所など、節水ポイントはたくさんありますが、トイレの水道代も意識すれば抑えることが可能です。今回はトイレの水道代を抑える方法についてご紹介します。

トイレの水道代を抑える方法

トイレは毎日何度も使用する場所ですし、家族が多ければ水を流す量も増えていきます。トイレをする回数を減らすわけにもいかないので、できる範囲で節水をおこなうということを前提にしましょう。小さな心がけでも毎日続ければ節水につながるので、家族みんなで協力して節水を意識してみてください。

・レバーを使い分ける
大と小のレバー式が設置されている場合、常に大のレバーで流していたら水道代が高くなってしまいます。小の水量で済むときは小レバーを使うように意識してみましょう。ただし、節約のために小レバーばかり使ってしまうと、排泄物やトイレットペーパーが流れきれなくて詰まりをおこしてしまう可能性があるので、正しく使い分けをしてください。

・残り湯の利用
お風呂の残り湯はトイレに活用できるのは知っていましたか。洗濯に残り湯を使用する人もいるかと思いますが、トイレに活用したことがない人はぜひ試してみてください。トイレに残り湯を使うときは、止水栓を閉めてタンクに水が供給されるのを止めてから、トイレタンクの中に残り湯を入れます。バケツでトイレまで持っていくのは力作業なので、無理のない範囲でおこなうようにしてください。

トイレの節水をするときに気を付けること

トイレの水道代を節約しようとするときに、やってはいけないことがいくつかあります。間違った方法で節水するとトイレのトラブルがおきてしまう場合があるので、確認しておきましょう。

・ペットボトル節水はNG
トイレの水道代の節約方法として、ひと昔前に話題になったのが、「ペットボトルをタンクの中に入れる」という方法です。この方法は、タンクの中に傷が付いたり、故障がおきたりということが報告されているので、今ではやってはいけない節水方法になっています。もし、タンクの中にペットボトルを入れている場合は取り除いて、別の節水方法をおこなうようにしましょう。

・まとめて流す節約はNG
トイレの水を毎回流すともったいないから、数回トイレしたあとにまとめて流す節約法は危険です。排泄したものやトイレットペーパーを一度に大量に流すとトイレの詰まりの原因になったり、便器の汚れを放置していると尿石として固まってしまったり、臭いもこもって壁に臭いが染み込んだりと不衛生なだけでなくいろいろな問題が出てきてしまいます。

詰まりの修理代や汚れ除去の費用のことを考えると、トイレを一回ずつ流すという基本を守ることが大切です。水道代が気になる場合は、レバーの使い分けをして節水を試みましょう。

トイレの節水アイテム

トイレの節水に役立つアイテムを紹介します。自分で簡単に取り付けられるので、まだ試していない場合はトライしてみてください。

・水洗トイレ節水器ロスカット
トイレの水を流したあとに少量の水がチョロチョロと出てくるのは分かりますか。このチョロチョロ水が出てくるのを抑えるためのアイテムが水洗トイレ節水器ロスカットです。トイレタンク内のゴムフロートに取り付けるタイプで、自分で簡単に設置できますが、使用できないトイレもあるので購入前によく確認する必要があります。節水型のトイレやボタン式で水を流すトイレなどは使用不可になっていますが、古いトイレは使用できる場合が多いです。

・節水リング
節水リングを取り付けたら水量を抑えられます。一度取り付けておけば半永久的に使えるのでおすすめです。トイレタンクのフロート部分に被せるだけなので、工事も必要なく簡単に取り付けられることが可能です。

古いタイプのトイレは水道代が高くなる

古いタイプと最新のトイレは、水を流すときの量に差があります。古い便器は1回につき13リットル前後の水が流れますが、最新の節水型便器だと大レバーでも4リットル程度ですのでかなり差があります。思い切って最新のトイレに買い替えると、節約だけでなくいろいろな面でメリットはありますが、賃貸マンションだと大家や管理会社の承諾が必要ですし、なかなか交換してもらうことは難しいかもしれません。

マイホームで買い替えができるとしても、安い買い物ではないので簡単には交換できない場合があるかと思います。まずは節水グッズやレバーの使い分けなどを試してみて、それでも水道代が変わらないようであれば便器の買い替えを検討してみるのが良いでしょう。

水回りのトラブルはやまぐち水道職人へ!

やまぐち水道職人は、下関市をはじめ山口市、宇部市、周南市、萩市、山陽小野田市、長門市など山口県エリアで水のトラブルに対応している業者です。水漏れや水道の故障など、水回りのトラブルがおきたときはやまぐち水道職人までご連絡ください。

24時間電話を受け付けており、水回りの専門スタッフがお客さまのところへ駆け付けて対処します。トイレをはじめ、洗面所、お風呂、台所など水のトラブルに関することは何でもおまかせください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315