【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » トイレの水漏れはどこからが多い?不具合症状別対処法

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレの水漏れはどこからが多い?不具合症状別対処法

2021年09月17日 トイレのトラブル


トイレを使用する際に、タンクの中からチョロチョロ、またはポチャポチャという水の落ちる音が聞こえる、タンクの蓋やレバーから水が漏れている、時間が経過しても便器内に水が流れ続けているなどの症状が見られたら、タンクの内部に何らかの不具合があり、水漏れが起きている可能性があります。
使用頻度の高いトイレの中でも高湿度のタンク内部の部品は老朽化が早く、トラブルがとても起きやすいのです。

日常生活に支障がないからと、そのまま対処を先送りにしてはいけません。
水が常に流れ続けていることは水道料金が24時間発生していることになるため、普段の数倍の請求がくるケースも少なくないのです。

また、症状がある日突然悪化し、床が水浸しになるほどの水漏れがおきてしまう可能性もあります。
一刻も早く止めたいタンクの水漏れはなぜ起きるのでしょうか。
症状別に対処法と合わせてご紹介します。


タンクの中からチョロチョロと音が聞こえる、便器内に水が流れ続ける

タンクの水漏れの中でも最も多く見られるのがこのケースです。
この場合、タンクの中の水の水位によってトラブルの箇所を判断します。

タンク内の水位が通常よりも低い場合、タンクの底にあるゴムフロートが機能せず、便器内に水が流れ続けていると考えられます。
ゴムフロートは、レバーとチェーンでつながっており、レバーを引くとゴムフロートが引き上げられ、タンクの中の水が便器内に流れるようになっているのです。

チェーンが絡まってしまったり、ゴム製のボールタップが汚れていたり、劣化しひび割れや硬化を起こしていると、弁の役割を上手く果たせず、水が常に流れ出る状態になってしまいます。

ゴムフロートに異常がなければ、タンクの水位が上がると便器に排出するオーバーフロー管がひび割れなどの劣化を起こしていて、レバーハンドル自体が故障しているケースも見られます。
部品が購入できるものはご自分で交換することで症状は改善可能です。

タンクの中の水位が通常よりも高い場合は、過剰に水が供給され、その水がオーバーフロー管を通して流れ続けていると考えられるのです。

まず、給水管とつながりタンクの水位を調整するボールタップを使用して水位を下げます。
水位調節リングがついている場合は左に回すことで水位は下がるのです。
水位調節リングがついていないタイプの場合、アームを下に下げることで水位を下げられます。

それでも調整ができないのなら、ボールタップ本体が故障している可能性を疑いましょう。
ボールタップの不調には先端についている浮き球が破損して浮き上がらない、アームに不具合があり浮き球が上下しないなどさまざまな症状があります。

これらは交換可能なパーツが手に入れば、工具が手元にあれば交換可能です。
ホームセンターやAmazonなどのネットショップで同じ品番のものを探してください。


タンクやレバーから水が溢れている

タンクから水が漏れていたら。オーバーフロー管が汚れで詰まり水を便器に排出できていない可能性があります。
オーバーフロー管を取り出しても汚れの蓄積が見られなければ、ボールタップについている給水弁を開閉するピストンバルブという部品が、パッキンの劣化などの理由で上手く機能していないと考えられます。

パッキンを交換するのも一つの対応策ですが、タンク内の部品の耐用年数は7~10年とされているので、使用年数が長いようなら、ボールタップ本体ごとの交換を検討しましょう。

また、タンク横のレバー付近からの水漏れは、ほぼパッキンの劣化が原因です。
このケースの場合も、モンキーレンチやスパウトなどの工具が手元にあればご自分で交換可能です。


給水管や排水管、止水栓付近からの水漏れ

タンクから出る配管や止水栓からの水漏れは、続部のナットの緩みやパッキンの劣化、配管自体の老朽化が原因です。
原因を特定するためにまず、止水栓を閉め、どこから水が漏れているかを確認します。

接続部のみからならナットの締め直しやパッキンの交換で対処可能ですが、そのほかの部分からも水が染み出るようなら配管が脆くなっているので、早急に交換する必要があります。
配管の交換は水道修理業者に依頼しましょう。


タンクレストイレの水漏れ

スッキリした見た目で人気のタンクレストイレで水漏れが起きたらどうすれば良いでしょう。
タンクレストイレは、フラッシュバルブという水量を調節するバルブを利用して水を流します。

バルブの部品で給水する際の水の通り道となるストレーナーや小穴に汚れが溜まる、もしくはバルブに使用されるパッキンの劣化により水漏れが起きているケースがとても多く見られます。
この場合、バルブの清掃もしくはパッキンの交換で水漏れは解消するでしょう。

また、電子機器の故障などで機能しない場合や、原因不明の場合、複雑な構造のタンクレストイレをご自分で修理するのは難しいところです。
無理に解決しようとせずメーカーに対応を依頼してください。


トイレのトラブルはやまぐち水道職人におまかせください

水漏れだけでなく、悪臭や詰まりや数年に一度のメンテナンスなど、トイレのお悩みを抱えている方は、ぜひやまぐち水道職人へご相談ください。

私たちは岩国市、長門市、萩市、柳井市、美祢市、大島郡、田布施町など、山口県の広域で水回りのお悩みを解決してきた水道のプロです。
お見積もりやご相談だけでもお気軽にお問い合わせください。


山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315