【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » 異物が原因で起こることの多いトイレの詰まり

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

異物が原因で起こることの多いトイレの詰まり

2021年08月13日 トイレのつまり


トイレの詰まりはさまざまな原因で起こりますが、その中でも多いのが何かしらの異物を落としたせいでトイレが詰まってしまった、というケースです。
細々とした物を誤ってトイレに落としてしまうことはよくありますし、流しても大丈夫だと思っていたものが実はトイレを詰まらせる原因になっていた、というパターンもあります。

今回はトイレに誤って落としてしまうケースが多い異物やつい流してしまいがちだけれどトイレの排水管を詰まらせやすい物の紹介、そしてラバーカップを使った詰まりの解消の仕方なども合わせてまとめました。
トイレが詰まってしまった際はもちろん、普段の使い方を見直す参考にもしてみてください。

トイレにはできる限り物を持ち込まないようにするのがベター

トイレを使用する際、うっかりポケットの中身や手に持っていた物、トイレの棚に置いてある物などを便器の中に落としてしまった経験がある方は多いのではないでしょうか。

ピアスやリングなどのアクセサリー、子どものおもちゃをはじめ、ポケットにしまっていたペンやメガネ、スマートフォンなど、どれほど気をつけていても手やポケットの中から滑り落ちてしまうリスクをなくすことはできません。

できるだけ異物を落としてしまうリスクを減らすには、「トイレに物を持ち込まない」ということを徹底するのが大切です。
ポケットに物をしまっておきたいときも、屈んでトイレのレバーを引く際に傾く胸ポケットは避けるだけで落とすリスクを減らせるでしょう。

ごく当たり前のことだと感じる方も多いかと思いますが、意識していないとついつい胸ポケットに物を入れたり手に小物を持ったままトイレに入ったりしてしまいがちです。
自分は大丈夫だと思わず、その都度注意するようにしたいですね。

お子さんにも、トイレにはおもちゃは持ち込まないようにときちんと教えておくことが大事です。
トイレでは遊ばないようきちんと指導できれば、大人の知らない間に異物を流してしまうこともなく安心です。


詰まりの原因となりやすい、実はトイレに流してはいけないもの

うっかり物を落としてしまわないよう意識して気をつけていたとしても、「トイレに流しても大丈夫だ」と誤解したまま本来流してはいけない物を流し続けていれば、当然トイレが詰まる原因となります。

前提として、トイレに流していいのは「水」「人の排泄物」「トイレットペーパー」の3つのみです。
本当は、トイレの便器はこの3種類以外の物を流すことを想定したつくりにはなっていないのです。
トイレに流してもまったく問題ないと誤解している方も多い異物をご紹介します。

・ペットの糞
たとえペットのものであっても、排泄物であればトイレに流せるだろうと考えている方は多いです。
また自治体によっては、ペットの糞はゴミに出すのではなく水洗トイレに流して処理してほしいというところもあるようです。

ですが、ペットの糞は人間の排泄物とはやはり異なるところも多く、水に浮きやすく、毛づくろいの際、飲み込んだ毛が多く混じっていて水に溶けにくく、ドライフードを食べているため固いなどの特徴があります。
人間のものと比べて排水管の中を通りにくくなるため、無理に流すとトイレの詰まりを引き起こします。
まとめて一度にたくさん流すことは避け、少しずつ流していくようにしましょう。

・トイレットペーパー以外の紙類
トイレットペーパーは、短い繊維を使って特別水に溶けやすいようにつくられた紙です。
ティッシュペーパーなどその他の紙類も、一見よく似ていますが、実際のところはトイレットペーパーのように水に溶けやすくはつくられていません。
こうした水に溶けにくい紙類をトイレに流した際も、トイレが詰まる原因となります。

・嘔吐物
トイレに嘔吐しそのまま流してしまうという方も多いですが、本当は嘔吐物もトイレに流してはいけないもののひとつです。
消化されていない食物や料理に含まれる油分など、排水管を詰まらせる原因となる物が多数含まれています。

今回ご紹介したものの中に、知らず知らずのうちに自然とトイレに流す習慣がついていたものがあった!という方も多いかと思います。
ぜひこれから、トイレの使い方の参考にしてみてください。


ラバーカップは水に溶けるものが詰まっているときに使う

トイレが詰まった際の対処のひとつとして、ラバーカップを使う方法があります。
自宅でも比較的簡単に試せる手法ですが、便器内の水が跳ねたりあふれたりしたときのため、床にタオルなどを敷き詰めた状態で使うよう気をつけましょう。

さらにもうひとつの注意点として覚えておきたいのが、ラバーカップは、基本的にはトイレットペーパーや排泄物、お掃除シートなど水に流せるタイプの紙類が詰まっているときに使うものだということ。

固形物による詰まりの場合、便器内を傷つけたり、さらに奥へと流したりしてしまうリスクがあるため、使用は避けることをおすすめします。


トイレに異物が詰まったと気がついたら、水道修理業者へ連絡しよう

トイレに異物を落としてしまった、本来流してはいけないものを誤って流してしまったとわかったら、なるべく早く水道修理業者へ連絡することをおすすめします。

もちろんすぐには詰まりが発生しないこともありますが、問題なく流れているように見えても実際は便器や排水管の内部でだんだんと水の流れが悪くなっている可能性も考えられます。
完全に詰まってはいないけれど、何か異音がする、様子がおかしいと感じたら、水道修理業者に相談してみてください。

やまぐち水道職人は光市や周南市、山陽小野田市、長門市、萩市、美祢市など、山口県内のさまざまなエリアで水まわりのトラブルに関するお悩みについてご相談やお問い合わせを受け付けています。
トイレの詰まりをはじめ、水道に関するトラブルが発生した際はぜひやまぐち水道職人までお問い合わせください!


山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315