【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » 山口でのトイレの節水対策と注意点

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

山口でのトイレの節水対策と注意点

2021年04月29日 トイレ


トイレの節水対策は単純にはいかない

水道代を少しでも安くしたいと考え、トイレをDIYで節水しようと考えたとき、まず何を試みますか。
水が出る量を抑えればいいと、給水管の止水栓をきつく締めたらどうなるでしょうか。
タンク型のトイレの場合、水を流した後、タンク内に水が溜まるスピードが遅くなるだけです。
つまり、トイレの使用で1回流した時の水の量はこれまでと変わりません。

水がなくなったタンクへの給水の水量が抑えられているために、満タンになるのが遅くなります。
そのため、もう1回流したいと思っても直ぐに流せず、次の方が直ぐに利用した場合にまだ水が溜まっておらず流せなくなる恐れがあります。
キッチンや洗面所であれば、止水栓の調整で節約が可能ですが、トイレの場合は止水栓の調整では使用される水の量は変わらず、水道代の節約にはつながりません。


トイレを節水するには

近年、登場している節水型トイレはどのような仕組みになっているのでしょうか。
メーカーごとにさまざまな取り組みで、水量を減らす工夫が編み出されています。
水の勢いで流せなくなる代わりとして、水を渦巻き状に滞留させて汚物が便器内に滞らないようにし、便器内を滑りやすいコーティング加工をして汚物が流れ落ちやすい形状にしているのです。

これに対して、DIYでタンクのあるトイレで節水を行うには、止水栓を調整して、単純に水量を減らしてもうまくいきません。
タンクから出ていく水の量を減少させるか、給水量を減らすことがポイントになります。


ペットボトルの利用は避けよう

トイレを流してタンクから水がなくなった際には、ボールタップの浮き玉が十分に上がるまでタンク内に給水がなされます。
そこで、給水量を抑えようというDIYが、ペットボトル作戦です。
水を入れたペットボトルをあらかじめタンク内に入れておくことで、既に一定量の給水が行われた状態を常に作りだします。
これまでタンクの満タン量100%を給水していたとすれば、ペットボトルの容量を20%分とした場合、給水量は従来の80%で済み、20%分の節約になると考えるわけです。

もっとも、ペットボトルの利用はトラブルに発展しやすいので注意が必要です。
ペットボトルを入れっぱなしにしておくと、ペットボトルが中で粉々に砕け、タンク内の装置にぶつかるなど思わぬトラブルが生じます。
泣かぬは浮き玉に衝突して正常に働かなくなり、いつまでも給水が止まらなくなるケースも生じています。
水道代を節約するつもりが、逆に水道代がかさんでしまう本末転倒な結果になるため、ペットボトルの利用は避けてください。


節水リングは素材を比較検討

節水リングはフロートバルブなどの排水弁に装着し、その重みで排水弁が閉まるのを早めるグッズです。
これまでタンク内に満たされた100の水を流しきっていたところ、60程度しか出ていない段階で排水弁が閉じられ、水が流れなくなります。
一方、これまではゼロになったところに100の量の水を給水していたところ、まだ40残っているので60の量の給水で済みます。
つまり、40%の節約ができるのです。

もっとも、リングによって性能が異なり、何%の節水につながるかはメーカーや商品によって異なります。
また、タンク内でサビたり変質したりすると、排水弁などを傷つけ、かえって水が止まらなくなるトラブルも引き起こしかねません。
水でサビにくいオールステンレス製や、水の影響を受けにくい樹脂製など素材や品質を比較検討して、高品質で評判のいいリングを選びましょう。


水洗トイレ節水器ロスカットは効果の出過ぎに注意

ホテルやデパートなどプロ御用達との評判も高く、高品質で節水効果が高いとDIYユーザーに人気のグッズが、水洗トイレ節水器ロスカットです。
排水弁に取り付けて流れ出る水の量を減少させるもので、メーカーの試算では、4人家族で年間にして54立方メートルの節水が可能で、東京都の水道代で比較すると、年間で20,754円の節約が期待できます。
年間2万円節約できれば、5年経てば10万円も節約できるわけですから、かなり期待度は大です。

もっとも、トイレは節水ばかり意識してしまうと、思わぬトラブルに見舞われるリスクがあります。
見た目には流れていると思っていたのに、排水管の途中で流れきれずに汚物やトイレットペーパーなどが堆積してしまい、つまってしまう恐れがあるのです。
つまれば、トイレが一時的にでも使えなくなって生活に支障が生じます。
思わぬ修理代がかかるなど、せっかくの節約効果も台無しになりかねません。


トイレの節水対策によるトラブルでお困りならやまぐち水道職人へ!

やまぐち水道職人は山口市、下関市、防府市、宇部市など山口県全般で水回りのトラブルを解決している水回りのプロです。
トイレの節水対策のし過ぎによるつまりをはじめ、浴室や洗面所、キッチンでの水漏れやつまりなど、水回りのトラブルでお困りの際には、ぜひ気軽にやまぐち水道職人にお問い合わせください。


山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315