【水道局指定工事店】山口のトイレ・台所の排水管のつまりやお風呂・水漏れ修理なら「ひろしま水道職人」 » トイレがつまった!そんな時の原因と対処法とは

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレがつまった!そんな時の原因と対処法とは

2021年03月25日 トイレのトラブル


意外と多いトイレつまりは、水がつまってしまって流れない、便器からあふれるかもしれない、などと心配になるものです。
慌てて自分で対応しようとした結果、悪化させてしまうことあります。
トイレがつまってしまったときに、するべき対処方とは、どのようなことがあるのでしょうか。

避けたい!トイレのつまりってどうして起きるのか?

うっかり、アクセサリー類を落として流してしまったり、水に溶けないものなどの、流してはいけない類を流してしまった。
気づかないうちに、ポケットからハンカチやティッシュなど、小物を落としてしまうこともあります。

小物を流しても、つまることはなさそうだと思いがちですが、奥の水管に引っかかるなどして、トイレットペーパーの流れを邪魔してしまい、つまる原因になってしまいます。

あるいは、水に溶けて流せるものでも、量が多過ぎてしまい、溶けきらずに管に残りつまってしまうことも。
節水のために流す水の量を少なくしている場合も、水量不足によって水圧が足りず、うまく紙が流れていかずにつまることがあります。

節水をするようであれば、適切な水量で行うようにしてください。
見た目では流れているように見えても、奥でとどまっていて流れていないなど、徐々につまっていき目に見える状態のときにはひどい状態になっていることもあるのです。
また、水量不足だと場合によっては、タンクの故障や破損につながる可能性もあります。


トイレがつまった!自分で直すことはできるの?

その原因や、つまっている場所によっては、自分で直せます。
たとえば、少しずつでも水が引いて流れていき、わずかでも水の通り道がある場合や、トイレットペーパーが原因で起きてしまった場合は、直せることが多いです。

自分で直すときに使用するといいのが「ラバーカップ」いわゆる「スッポン」です。
まず、スッポン使用の前準備として、止水栓は閉めておき、床をビニールシートなどで覆い、万が一の逆流による水漏れなどに備えてください。

スッポンがない場合は新聞紙やいらないタオルなどでも大丈夫です。
スッポンの使用後に、溜まっていた水が引き、再度流したときに、正常に水が流れるようであれば、つまりは解消されているでしょう。

しかし、また水位が上がって、水が溜まってくるようであれば、つまりは解消されていません。
数回のスッポン使用により解消されることもありますが、解消されない場合もあります。
その際は、別の方法を試すなどせず、破損など二次被害が起こってしまわないよう業者へ連絡してください。

ただ、このスッポンにも種類があり、サイズや用途が対象とあっていないと、うまく力を発揮できません。
初めて購入し使用されるときは、焦らずよく確認してください。
不明点などがあれば業者に相談するのがいいでしょう。
また、アクセサリー類や本来流してはいけないものが流してしまい、つまりが起きた場合は、すぐに業者に連絡し相談するのがいいでしょう。


つまりを起こさせないためにできる予防対策とは?

トイレトラブルの特につまりには、できることなら遭遇したくないものです。
では、日ごろからどのように気を付けていればいいのでしょうか。
トイレットペーパーはダブルよりシングルを使用し、一度に大量に流さないようにする。

また、トイレを素敵に装飾されている人もいますが、落としてしまったときに流れてしまいそうな小物などは、置かないようにしましょう。
不注意や誤って落としてしまい、誤って流してしまったときに、つまりの原因をつくってしまいます。

他に、トイレ内で携帯電話やゲーム機を落としてしまうトラブルも少なくありませんので、できるだけ持ち込まないようにしてください。
気づかず落としてしまいがちなのが、ポケットからの携帯電話やハンカチ、腰に貼った使い捨てのカイロなどがあります。
落とさないよう注意するのはもちろんですが、流す前に一度、便器内を確認することで、うっかり流してしまうことを、未然に防げるでしょう。

節水をするのであれば、適切な節水をし、使用年数が長いトイレであれば、定期的に点検をすることでつまりの予防ができるでしょう。
トイレがつまり使用できない、つまりの対処など、なかなか面倒ですし大変です。
日ごろから気を付け、つまりの予防をし、少しでも異変を感じるようであれば放置しないようにしましょう。


まとめ

トイレのつまりは、原因次第で、自分で直すこともできます。
しかし、自分での判断が難しい場合や、スッポンなどを数回使用してもつまりが直らない場合などは、無理に自分で対応しようとはせず、水回りの修理業者にお願いや相談をするのがいいでしょう。

やまぐち水道職人では、水道・水栓(蛇口)からの水漏れ、トイレのつまり・水漏れ、ウォシュレットの水漏れ、ウォシュレットの交換や、排水口のつまり、悪臭・異臭などお客様の水まわりのトラブルからメンテナンスまで幅広く対応しています。

主な対応エリアは、下関市、 宇部市、 山口市、 防府市、 下松市、 岩国市などに対応しています。
お住まいの地域がサービス提供地域にあるかはお電話にてご相談ください。


山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315