【水道局指定工事店】山口のトイレつまり・水漏れ修理なら「やまぐち水道職人」 » トイレに異物を落としてしまったら、つまりが起きやすくなる

山口 地元密着
0120-492-315 水道修理の24時間受付 お見積もり無料

水のコラム

トイレに異物を落としてしまったら、つまりが起きやすくなる

2021年01月31日 トイレのトラブル
山口_14
トイレに間違って異物を落としてしまったことはないでしょうか。
スマホやアクセサリーを落としたという話はよく聞きますし、子供がおもちゃを落としてしまったということも珍しくありません。しかし、もし落としたまま水を流したら、トイレのつまりの原因となってしまいます。ではつまりが起きたらどうすればよいのでしょうか。

トイレに流してよいものと悪いもの

トイレに流してよいものと悪いものははっきりしています。
それぞれ説明していきます。

まずトイレに流していいものは、排泄物と、トイレットペーパーです。この2つは問題ありません。ただ、トイレットペーパーは水に溶ける性質を持っているとはいえ、一度に大量に流してしまうと、便器の中でつまってしまうことがあるので、あくまでも適量です。

それ以外は、基本的にはトイレに流してはいけません。しかし、中には上記以外でも流せるものもありますので、その区別はしておきましょう。

まず明らかな異物はNGです。スマホやおもちゃなどの固形物、メガネ、アクセサリー、ヘアピンなどのなど装飾品も絶対に流してはいけません。基本的に水に溶けたり、水の力によって崩れて小さくなるものでなければ、トイレの中に流してはいけないのです。

もちろん、これらの異物を流そうと思って流す人もいないでしょう。しかし、胸ポケットに入れていたペンを、トイレを流す際に間違って落とし、そのまま流れていってしまったという経験がある人はいると思います。ポケットに小物を入れたままトイレに行く際には、誤って落とさないように気をつけましょう。

次項からはトイレに流してもよいのか場合に判断に迷うものと、その対処法をいくつか紹介します。これは大丈夫かな?どうすればいいのかな?と悩んだら、ぜひ参考にしてみてください。

・ペットの糞
ペットの糞は、同じ排泄物のようにも思えますが、場合によってはつまりの原因となることがあります。ドライフードを食べている場合、糞が硬く、水に浮きやすくなるため、人間の排泄物に比べると下水で処理しにくいのです。

また自治体によって、ペットの糞はトイレに流さずに可燃ごみとして捨てることを推奨しているところもあります。理由は、下水処理場で汚水に対して殺菌処理をしているのですが、人間の体内には存在しえない菌があると、処理が仕切れない可能性があるからです。可能であれば可燃ごみとして処分することをお勧めします。

・トイレに流れるタイプの商品
トイレに流せるタイプの商品は、数多くあります。例えば、ナプキンやおむつ、ウェットティッシュやペット用のトイレ砂もそうです。かつてはトイレに流せるナプキンがあったのですが、現在は生産終了したので、ほとんど見かけることはないでしょう。今は節水タイプのトイレが増えてきたため、水の勢いと量の問題で上手く流れずに、つまりの原因となってしまったためです。

おむつやウェットティッシュもそうです。以前に比べて水洗の勢いがないトイレが多いので、極力流さない方がよいでしょう。ペット用の砂も水に流せる商品もありますが、粘度が高いため、場合によってはつまりの原因となります。可燃ごみとして処理できるなら、そちらを優先してください。

ラバーカップを使用するときには

トイレつまりを解消する道具としてラバーカップがあります。空気の力によって、内部のつまりを解消し、水を流しやすくするための道具です。ラバーカップを使うときは、いくつか注意点があります。

・止水栓を止める
トイレの元栓である止水栓を止めてから、作業しましょう。理由は、開けたまま行うと水漏れすることがあるからです。水漏れは床下にも及ぶことがあり、住んでいる場所によっては、下の階にも迷惑をかけてしまいます。まずは止水栓を止めてください。

・床をラップや新聞紙で覆う
作業する前に、トイレの床をラップや新聞紙で覆ってください。ラバーカップでつまりを取ろうとすると、水が溢れて便器から飛び散ってしまうことがあります。水が綺麗であれば、あとでタオルやぞうきん等で拭けば大丈夫かもしれません。ただ、流しきっていない汚水が壁に付くと、臭いも付いてしまいますので、そうならないように、何かを敷いておきましょう。

自分で解消できないときは

トイレのつまりは、時間が経つにつれてつまりの元が解消されることもあります。またラバーカップを使うことでも、多くの場合解決できます。ただ、中には、異物が奥の方に入り込んでしまい、排水管や下水管など、手の届かないところで つまってしまうことがあります。こうなったら自分の力ではどうすることもできません。できるだけ早めにプロの水道業者に連絡してください。

とはいえ、水道業者の中には色々な業者もいます。大した作業もしていないのに、数万円、十万円以上請求されたという話を聞いたことがある方もいるでしょう。

悪徳業者に騙されないようにするには、事前に見積もりを出してもらい、金銭面で後々揉めないようにすること、また自治体が指定した指定水道工事業者に頼むことが大切です。今はインターネットで工事料金の相場も調べられるので、事前に下調べをした上で、依頼するようにしましょう。

まとめ

やまぐち水道職人は、山口県内各市町村の水道局指定の工事店になります。

トイレのつまりを始めとした水のトラブル全般を対応しています。山陽小野田市、下松市、岩国市、防府市など、山口県全域が対象エリアなので、県内でお困りの方、頼れる水道業者を探している方は、ぜひご相談ください。

山口のトイレのつまり・水漏れは、水道修理の専門店「やまぐち水道職人(山口水道職人)」

【対応エリア】
下関市 宇部市 山口市 防府市 下松市 岩国市 光市 柳井市 美祢市 周南市 山陽小野田市 玖珂郡 熊毛郡

その他の地域の方もご相談ください!

お電話一本ですぐに駆けつけます!

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315

やまぐち水道職人(山口水道職人) 0120-492-315